正しく動かすことより楽に、気持ち良く、スムーズに動かす方が大切

日頃ほとんど体を動かさないという人を指導することが多いですが、そういう人によく見られるのが“正しくやろう”と意識してやることです。
運動で効果を出すには適切に行うということは大切ですが、意識は筋肉を緊張させるのでスムーズな動きを妨げてしまい、適切に手脚を動かせないこともあります。

筋肉が緊張して硬くなっている人が適切な動きで体を動かせるようになるには、「筋肉の緊張が解ける→関節の可動性が良くなる→適切な動きができるようになる」というように段階を経て良くなっていきます。

筋肉が硬い、体が硬いという人には魚住方式のトレーニングで筋肉の弾力性を取り戻していきます。
このトレーニングは正しく動かすことを意識し過ぎず、楽にできる範囲でスムーズに動かすことだけ気をつけるだけで筋肉の緊張が緩み、筋肉の動きも良くなると関節の可動性も良くなり、動きも良くなります。

楽に、気持ち良く動かしているだけ、疲れることもないのに終わった後は体も軽くなりますし、動かしやすくもなり、歩いたりといった動作が楽にできるようになります。
筋肉も膨らむので筋肉が大きくなったようにも見えます。

こういったトレーニングでも定期的に続けていると自然と体が良い動きを覚えて意識しなくても適切な動きができるようになってきますし、自然な良い姿勢も崩れなくなってきます。

意識するよりも、良い動きの「感覚」を掴むことも効果的な運動をするためにとても大切です。