健康で重力に抗して楽に動ける体に

2728343_s
○鍛える前に“ゆるめる”、“整える”

「整える」というと身だしなみを整える、呼吸を整える、体調を整えるなどいろいろな場面で使われますが、共通しているのは“乱れがないように、きちんとする”ということです。
身体を“整える”ことも同じです。

肩こりや腰痛、ひざ痛、股関節痛など様々な身体の不調の相談を受けますが、ほとんどの人が日常生活の中での癖によって猫背や反り腰、O脚やX脚といった姿勢の崩れや体の捻じれが見られます。
それがさらに肩こりや腰痛、ひざ痛といった体の痛みや不調に繋がっています。

また最近はストレスによって自律神経のバランスが乱れ、血液の循環が悪くなることで低体温・低酸素状態になってしまい頭痛や便秘といった不調を引き起こします。

こういった痛みや体の不調を抱えていては毎日を健康で元気に送れなくなってしまいます。目指すのは“リラックスしたカラダ”です。

リラックスしたカラダに戻すために“筋肉の緊張度のバランス”、“自律神経のバランス”、“血液循環”は重要です。

単に筋肉が柔らかい、骨や関節の動きが良いというだけでなく、血液やリンパといった体液や自律神経といった体の内側まで整え、あなた本来の自然な良い状態を取り戻していきます。

○自然な体の状態とは?

・筋肉に膨らみ、弾力がある

・リラックスして立つ(骨で立つ)

・呼吸がきちんとできる

・自律神経のバランスが取れている

・血液、リンパといった体液の良い循環が保たれている

・適切な体温が保てている

・重力に対して楽に体が動かせる

最高のパフォーマンスを発揮するために身体的コンディションを整える

1927353_s

スポーツの実際のゲームでは自分が持っている最高のパフォーマンスを発揮することが目標になります。

最高のパフォーマンスを発揮するためには高い技術・テクニックを身につけなければいけません。
この技術・テクニックを身につけるために身体的コンディション(筋力、持久力、スピード、調整力、柔軟性)がベースになります。
身体的能力のレベルが低ければ技術やテクニックの獲得が難しいということです。

そのために身体的なコンディションを整えることが重要になってきます。
この身体的コンディションを整える、高めるための方法が、「トレーニング」になります。
そして実際のスポーツの技術・テクニックを習得することが練習になります。

トレーニングは、筋力・持久力・スピード・柔軟性・調整力といった能力をバランスよくレベルアップさせることが体力づくりです。

最近はアスリートが筋トレをしたのにパフォーマンスに繋がらないと「筋トレでつけた筋肉は実際のプレイでは使えない」、「筋トレをすると筋肉や体が硬くなる」と言われますが、ウェイトトレーニングで筋力づくりだけに励んでしまうと身体的コンディションのバランスが崩れてしまいます。
筋トレで筋力を高めたのに実際のスポーツパフォーマンスに繋がらないのは筋力のレベルだけがアップしてそれ以外の能力が変わっていないからです。

全ての能力をバランスよく強化し、レベルアップをしていかないといけないわけです。
特に柔軟性、スピード、調整力(体の使い方)というものはあまり意識されていません。
一般的には柔軟性というとケガをしないため、疲労回復のためにくらいで軽く考えられ、いい加減にやられがちですが、筋肉が『大きく・スムーズに・素早く』伸び縮みすることで大きな力を発揮できます。
それなら硬い筋肉よりも柔らかい筋肉をしている方が良いということがわかります。

スピードや調整力(体の使い方)に関しては、筋肉が発達しているのに動きの遅い人の問題は筋肉にあるのではなく、『動作が下手で力をうまく発揮できていない』だけです。

いくら大きな力を出せる筋肉を持っていても、体の使い方に問題があれば高めた筋力が実際の動作で役に立たないのは当然のことです。

現在、ゴルフや市民ランナーがトレーニングを受けに来られていますが、トレーニングではウェイトトレーニングだけでなく“動作のやり方”のトレーニングまで行います。
ゴルフスイングでは、「腰を楽にスムーズに回転させる」、「バックスイングの可動性を大きくする」体の使い方というものがあります。
そういう動作のやり方を身につけると今までの70%くらいの力で振ってもドライバーの飛距離が10~15yrdは伸びています。

ランニングでも「スムーズな走り方」を身につけるだけで楽に走っているのにランニングスピードが上がり、タイム短縮といった効果も現れています。

競技パフォーマンスを高めるためのトレーニングでも筋力だけでなく、競技に必要な要素を高いレベルで整える、バランスよく高めることが重要になってきます。