カラダを整える

鍛える前に“ゆるめる”、“整える”

「整える」というと身だしなみを整える、呼吸を整える、体調を整えるなどいろいろな場面で使われますが、共通しているのは“乱れがないように、きちんとする”ということです。
身体を“整える”ことも同じです。

特に“筋肉の緊張度のバランス”、“自律神経のバランス”、“血液循環”は重要です。

日常生活の癖などによって筋肉の緊張度のバランスが崩れると猫背やO脚・X脚といった“姿勢の崩れ”を引き起こします。
それがさらに肩こりや腰痛、ひざ痛といった体の痛みや不調の原因にもなります。

また最近はストレスによって自律神経のバランスが乱れ、血液の循環が悪くなると体が低体温・低酸素状態になってしまい頭痛や便秘といった不調を引き起こします。

こういった痛みや体の不調を抱えていては毎日を健康で元気に送れなくなってしまいます。目指すのは“リラックスした緊張のないカラダ”です。

単に筋肉が柔らかい、骨や関節の動きが良いというだけでなく、血液やリンパといった体液や自律神経といった体の内側を良い状態に調整し、あなた本来の自然な良い状態を取り戻していきます。

自然な体の状態とは?

・筋肉に膨らみ、弾力がある

・骨で立つ力の抜けた自然な良い立ち方ができる

・呼吸がきちんとできる

・自律神経のバランスが取れている

・血液、リンパといった体液の良い循環が保たれている

・適切な体温が保てている

・重力に対して楽に体が動かせる