からだを整える

鍛える前に“ゆるめる”、“整える”

「整える」というと身だしなみを整える、呼吸を整える、体調を整えるなどいろいろな場面で使われますが、共通しているのは“乱れがないように、きちんとする”ということです。
身体を“整える”ことも同じです。

特に“筋肉の緊張度のバランス”、“自律神経のバランス”、“血液循環”はとても大切です。

日常生活の癖などによって筋肉の緊張度のバランスが崩れると猫背やO脚・X脚といった“姿勢の崩れ”を引き起こします。
それがさらに肩こりや腰痛、ひざ痛といった体の痛みや不調の原因にもなります。

また最近はストレスによって自律神経のバランスが乱れ、血液の循環が悪くなると体が低体温・低酸素状態になってしまい頭痛や便秘といった不調を引き起こします。

こういった痛みや体の不調を抱えていては毎日を健康で元気に送れなくなってしまいます。目指すのは“リラックスした緊張のないカラダ”です。

単に筋肉が柔らかい、骨や関節の動きが良いというだけでなく、血液やリンパといった体液や自律神経といった体の内側を良い状態に調整し、あなた本来の自然な良い状態を取り戻していきます。

自然な体の状態とは?

・筋肉に膨らみ、弾力がある

・骨で立つ力の抜けた自然な良い立ち方ができる

・呼吸がきちんとできる

・自律神経のバランスが取れている

・血液、リンパといった体液の良い循環が保たれている

・適切な体温が保てている

・重力に対して楽に体が動かせる

“リラックスした緊張のないカラダ”に

一般に正しい姿勢と言われるのは背筋が真っ直ぐ伸び、少し胸を張った姿勢を言われますが、このような姿勢でリラックスすることはできません。
胸を張ることは自然ではありません。

私の考える理想の姿勢は「骸骨」です。

重力に対して骨が綺麗に配列されているこの状態を私は「骨で立つ」と言っています。
この姿勢は立っているために大きな筋力を必要としません。
全身の筋肉がリラックスした力みのない、自然体の姿勢です。
これが人間本来の自然な姿勢です。

腰や膝などに痛みが起きた場合、痛い部分に問題があると考えてしまいがちですが、そこは影響を受けているところです。
硬くなっている腰や太ももの筋肉を緩めようとその筋肉にアプローチしても問題は解決しません。

痛みに対して全身をリラックス状態にしていきます。
体に痛みがある場合、身体がノーマルな状態ではない、アブノーマルな状態にあると考えます。

だからそのアブノーマルな状態をノーマルな状態に戻してやれば痛みを改善できると考えています。
ノーマルな状態であれば自然に、楽に立てる、動けるので気持ち良さがあり、不快に感じることもなくなります。

体をゆるめる

■筋肉を膨らませる

姿勢が悪い、体が硬い、腰が痛いというと多くの人が柔軟性の必要性を感じてマッサージで押したり、揉んでもらったり、ストレッチングで筋肉を伸ばして柔らかくしようとしますが筋肉が柔らかくなることも柔軟性が改善することもありません。
しかし、筋肉をゆるめると筋肉が柔らかくなってストレッチングをしてみても伸ばしやすくなります。

ゆるめるというと柔らかくする、力を抜くようなイメージが強いですが、私のイメージは“筋肉を膨らませる”ことです。
余計な緊張のない筋肉は触ってみた時に指が沈んでいくような柔らかさと指を押し返す弾力があります。

筋肉はもともと膨らみを持った弾力のある組織です。
体が硬いという人の筋肉は触ってみるとカチコチに固まっています。
固まってしまっている筋肉の中では血液の流れが悪くなってしまっていて必要な栄養や酸素が不足してします。
また、老廃物が排出されず溜まってしまっています。

そんな状態の筋肉を押したり、揉んだり、引っ張っても多少は良くなりますが循環自体は改善しませんので筋肉が元々持っている膨らみを改善することはできません。
だからいくらやっても柔らかくならないし、やっていても気持ち良さを感じることもありません。

そうするとどんどん刺激を強くして強引に循環させようとしますが、身体が防御反応を起こして、さらに筋肉が硬くなってしまいます。
だからやった直後は多少楽になってもすぐに不快感が起こってしまいます。

筋肉をゆるめるために呼吸に合わせて筋肉を気持ち良く動かして筋肉のポンプ機能を利用して血液を循環させ、必要な栄養や酸素がきちんと届くようにします。
血流が良くなれば筋肉は元々持っている状態まで膨らみ、弾力性も出てきます。
そうすると余計な緊張もなくなります。
元の良い状態に戻していくので防御反応が起こることもないのでその効果は数日間続きます。

よくウォーミングアップの時に筋肉をゆるめ過ぎると力が出なくなるということで「長時間ストレッチングをやり過ぎるのは良くない」と言われますが、本来の筋肉の状態に戻った筋肉は余計な緊張はありませんが重力に対して姿勢を保持するために必要な最低限の緊張は残っています。
体を動かす時に楽に大きな力を発揮することができます。

トレーニングではほとんどの方が身体を整えた後にダンベルなどを使ったウェイトトレーニングを行いますがしっかり動けています。

筋肉を良い状態にしてからトレーニングすることで筋肉中の血流量はさらに増えて筋肉はもっと良い状態になります。
だからトレーニングをした後の方が柔軟性が上がったり、姿勢や身体のバランスが良くなります。
ストレッチングで伸ばしたり、マッサージで押したり揉んだりした筋肉でトレーニングしてもこうはいきません。

トレーニングを受けている方は筋肉に弾力があると身体も柔らかということがわかっているのでストレッチングを行うことはほとんどありません。
体が硬いと感じた時ほど筋肉をよく動かすようなトレーニングを行っています。
それでもストレッチングを毎日している時よりも確実に身体や筋肉が柔らかくなっていることを実感しています。

■ストレッチングをしても硬くなっている筋肉は柔らかくならない

硬くなった筋肉を柔らかくするための手軽な方法としてストレッチングが紹介されます。
ストレッチングは、筋肉を伸ばしたり引っ張ったりする運動で、筋肉の柔軟性を高め、関節の可動域を広げるなどと言われています。
もともと柔らかい人にとっては体が伸びる感じがして気持ち良い運動ですが、体が硬い、筋肉が硬い人にとっては筋肉が無理やり引っ張れるのできつい、辛い、時には痛みを感じることもあります。
そうすると筋肉が柔らかくなるどころか余計に筋肉が硬くなってしまいます。
筋肉を柔らかくするには筋肉を緊張させない、リラックスさせる必要がありますが硬くなった筋肉を無理に引っ張って辛いと感じると筋肉は縮もうとします。
だから一生懸命ストレッチングをしているのに柔軟性がちっとも改善しないのです。

また、「ストレッチングの最中は伸ばしている筋肉を意識しましょう。」とよく言われますが、意識してしまうと筋肉は緊張します。
それでは筋肉は柔らかくなりません。
リラックスするためには無意識にならないといけないのでちょっとした工夫が必要です。
ですから、一般の方にとってストレッチングで筋肉を柔らかくしようとするのは難しいことなのです。

■マッサージで筋肉を押したり揉んでも柔らかくならない

マッサージ好きの人は少なくありません。
マッサージチェアが置いてあるフィットネスクラブではトレーニングマシンよりもマッサージチェアを利用する人が列を作って並んでいたりします。

凝っている、硬くなっている筋肉を揉んだり叩いてもらった時の「イタ気持ちいい」感じがクセになるみたいです。
でもその時、揉まれたり叩かれている筋肉は傷つけられている、痛めつけられているのです。

筋肉も傷つけられたり痛めつけられると防御反応を示して筋肉を緊張させて硬くなります。
マッサージも最初は優しい刺激で気持ち良かったのが硬さが強くなっていくに従って、どんどん強く押したり揉んだりしないと気持ち良いと感じなくなるのも筋肉が防御反応によってますます硬くなってしまった結果なのです。

■硬くなった筋肉は何が問題なのか?

硬くなった筋肉は肩こりや腰痛などを引き起こしますが他にも体に問題をもたらします。

筋肉が硬くなると血液やリンパといった体液がスムーズに流れなくなります。
筋肉や臓器なども細胞でできています。
細胞がいつも元気できちんと働くために必要な栄養素や酸素が必要です。
その血液を循環させるのが筋肉が収縮ー膨張することで起きる“ポンプ機能”です。

筋肉がいかんなく力を発揮したり体の様々な臓器が正常に機能するのは筋肉が本来の柔軟性を保っている場合に限られます。

筋肉が硬くなっていると筋肉のポンプ機能が正常に働かないために老廃物や疲労物質をきちんと排出することができないために体内に溜まってしまいます。
循環障害によって筋肉の「こり」や体の中では冷え、低体温が起こり頭痛や便秘といった不調を引き起こす原因にもなります。

◆筋肉がゆるめば姿勢は自然と良くなる

理想の姿勢は「骸骨」です。
骸骨に弾力がある柔らかい筋肉が付いているイメージです。
人間本来の自然な姿勢で立っている時、筋肉はリラックスしています。

筋トレやストレッチングをしても猫背やO脚が直らない、腰や膝の痛みや違和感に悩んでいる方、いろんな治療を受けても良くならない方のほとんどは、姿勢が崩れて筋肉が緊張しています。

まずは筋肉の緊張を緩めて全身の筋肉を本来の自然な弾力と膨らみを取り戻すと筋肉の緊張が緩み身体のゆがみや捻じれも改善し自然な良い姿勢になります。

◆筋肉を伸ばすのではなく、「筋肉を緩める」

従来のストレッチングは硬くなった筋肉を引っ張って伸ばして柔らかくしようとしますが、緊張して硬くなっている筋肉を伸ばしても筋肉は緩みません。
だからストレッチングをいくらやっても筋肉は柔らかくなりません。

筋肉を緩める身体調整では筋肉を元気な状態に戻していきます。
筋肉の緊張を緩め、酸素の取り込みや血液やリンパといった体液の循環を整えて硬くなった筋肉を膨らませて弾力のある柔らかい筋肉にしていきます。

◆自律神経のバランスや血流、リンパの循環を改善

自律神経のバランスの崩れは血流障害を招き、身体の不調を引き起こします。
また、血流が悪くなると『低体温』を引き起こします。
リンパの循環が悪くなればむくみや筋肉の硬さに繋がりますし、低体温になると基礎代謝や免疫力の低下に繋がります。

従来のストレッチではアプローチできない血液の循環を改善して自律神経のバランスを整えたり、リンパの循環を改善しむくみも改善していきます。

◆効果が数日間く

マッサージや整体のほとんどは施術を受けてその時は良くてもすぐに筋肉が硬くなったり不調が起こってしまいます。
筋肉をゆるめる、身体を整えるトレーニングでは筋肉や関節を元々持っている状態に戻していきますが、その効果は数日間続きます。
受けた当日よりも翌日の方がさらに身体の状態が良くなります。


パーソナルトレーニングを受講したお客様からの声

◾️“走る”が変わった気がします。

陸上部 中長距離選手

今日、直接指導をしてくださって強く感じたのは本当にほぼ力は要らないってことです。
正直、とても驚きました。
自分にこんな癖があるんだと気付かされましたが、やること自体はとても単純というイメージを持ちました。
それでも以前より楽に進めるので走るって気持ちいいのかなと思えました。
大きな疲労感もないのでまたやりたいと思いました。

ゴルフのスイングもスムーズになってきました

長くゴルフをしていたいから
ゴルフ仲間が指導を受けていたのでトレーニングを受けてみることにしました。
トレーニングを始めてから身体全体に筋力がついた。ウエスト周りが引き締まった。
肩甲骨もよく動くようになってきたのでゴルフのスイングもスムーズになりました。
年齢に関係なく個人で指導を受けた方が良いです。
運動をしようとおもっているならプロの指導の下でやった方が効果が実感出来て、続けられますよ。

坐骨神経痛電気が走るような痺れがなくなりました

体力の低下を実感し始めていた
急激にゴルフの成績が悪くなってきたので体力維持のため家族の勧めでトレーニングを受けてみましたがトレーニングを続けていると腰痛、座骨神経痛が楽になった。
下腹部がたるんでいたのが最近、引き締まってきた。
座骨神経痛で電気が走るような痺れが治ってきた。
喜寿でも楽しんでやれます。
あまりハードでないのに効果は大きいですよ。

長年悩まされていた腰の痛みがほとんどなくなりました

長年 腰痛がひどく、鍼や整形のハシゴをしても余り効果がなく(一時的には良くなっていましたが)、知人の紹介でトレーニングを受けてみましたが、トレーニングを始めてから長年の腰の痛みがほとんどなくなりゴルフスイングの可動域が広がりショットも良くなりました。
怖くて練習があまり出来なかったのがなくなりました。
(ゴルフ)ラウンドを途中やめすることも無くなりました。
腰痛がひどく週2回鍼に通いコルセットを巻いていましたが全て止めてしまいましたが平気です。
ゴルフも介護もしっかりやれます。
ストレッチや筋トレの方法自体間違いだらけで知らないことにまずはびっくりします。
意外と簡単で痛くなく効果が出てきて体のコンディションは上がってきます。

痛くて挙がらなかった肩・腕が上がるようになった
肩・腕が痛くて手が上にあがらなかった痛みが無くなり、手も上にあがるようになった。疲れにくくなった

ウエストが細くなった。ドライバーの飛距離ました

ウエストが細くなった事と体が引き締まってきました。
ゴルフでは距離が出るようになりました。
雨の中でゴルフしても2日間ゴルフしてカートに乗らず全部歩いても次の日の疲れが残りません。

体験してみれば絶対に続けようと感じるはずです

体調が良い。疲れにくい。体が軽く感じる。
腰痛等の不調が起こってもすぐに回復(自分で運動して動かし、治せる)
食べても太らず、とても軽く感じるため、身体を動かす事が億劫でなく家事、仕事中もよく動くようになった。

トレーニングで体力がついて、前向きな気持ちになりました

腰痛の治療はいろいろ試してみましたが合うものがなく、どうにかしたいと思っていた時、先生のレッスンに会いました。
今まではすぐに疲れて休息をとっていましたが、半年続けた頃から回数、時間も少なくて済むようになってきました。
少しくらいの筋肉の疲れ、身体のゆがみは自分で修正できるようになり、又、体力が少しずつ付いてきたように感じます。
何かしようと前向きになりました。

股関節の痛みを感じなくなり、腰痛の心配がなくなった

トレーニングを始めてから股関節の痛みを感じなくなり腰痛の心配がなくなった。
肩甲骨が動くようになり首こり、肩こりが少なくなった。
良い姿勢でいる方が楽だと感じるようになった。体全体の贅肉が減った(特に背中、お尻、太ももが細くなった)
急激な変化を求めないで無理をせずに続けていたら必ず変わってくると思います。(最初はこれでいいのかな〜とか思うかもしれませんけど・・・)
パーソナルトレーニングをした跡は数日間とても身体の調子が良くて、日常生活が楽です。

広告