大転子の出っ張りを引っ込めたい。どうすればいい?

太ももの大転子の出っ張りが気になってを引っ込めたいという相談されることが増えています。
多くの方がSNSで紹介されているストレッチングやエクササイズなどいろいろやってみたがなかなか改善が見られません。

そういった方に見られるのが、
・X脚
・つま先が左右で向きが違う
・足のアーチが低い
・外反母趾
など脚の捻じれ、足部・足趾の崩れといったもの。

問題の原因はバランスが崩れて脚が捻じれてしまっているせいで大転子が出っ張ってしまっているのです。

下半身だけでなく上半身も崩れてしまっています。
・首が傾いて捻じれている(首こりがひどい)
・猫背
・肩甲骨を寄せている(肩は上がり、後ろに引いている)
・腕が捻じれて肘がきちんと伸ばせない
・手の指が曲がっている
・反り腰
・肩、腰の高さが左右で違う(体幹の捻じれ)
・背中、腰の筋肉が張っている
など。

デスクワークで長時間座っていることが多い、からだを動かすことも少ないのに脚に崩れが見られるといった方が多いですが、それは上肢、首のバランスの崩れが体幹の崩れを招き、それが脚、足部・足趾の崩れも招いたと考えられます。

そういったケースでは首、上肢、肩甲帯の緊張をゆるめてバランスを整えて体幹の崩れを戻してみると、脚の捻じれや足のアーチ、足の指の崩れも改善され気になっていた大転子の出っ張りを戻すことができました。

いろいろやってもなかなか改善しなかった問題が首、上肢、肩甲帯、体幹の崩れを戻すだけで脚の問題が解決してしまったことに驚いていましたが、元々骨などの組織に異常はなく、バランスが崩れてしまっているせいでそのようなスタイルになっていただけですから、原因を解決すれば元に戻るはずです。

一時的に良くなってもからだの使い方を間違えばすぐに崩れてしまいます。
定期的にバランスの崩れを修正すれば問題は解決されるはずです。

広告