何かにつかまらないと床から立ち上がれないのは筋力が衰えたから?

今回は床から立ち上がる時に何かにつかまらないとできないという相談。
筋肉が減った、筋力が衰えてしまったのではないかと心配だったようです。

いつもどのようにして床から立ち上がるのかを見せてもらいましたが、やりづらそうな立ち上がり方、大きな筋力を必要とするような立ち上がり方でした。

筋肉の状態をチェックしてみるといつも筋力に頼るやり方をやっているからか筋肉は太ももの前の筋肉は緊張して硬くなっていました。
筋肉が良い状態であれば大きな筋力を必要とするような動きも問題なくできるでしょうが、筋肉が硬くなっていたり筋肉が萎んでしまって人が筋力に頼るような立ち上がり方をするのは大変なことです。

筋力に頼るようなやり方でやるから筋力不足を感じてしまうのです。
筋力に頼らないくても楽なやり方、効率の良い体の使い方というものがあります。

実際、立ち上がり方を変えてやってもらうと簡単に立ち上がることができました。
あまりの簡単さに驚いていました。

今回は片膝をついた状態から立ち上がろうとする時に真上に上がろうとしていたので、膝をついている後ろの脚を前に出している脚の前に運ぶイメージに変えてもらっただけです。
それだけで何かにつかまらずに楽に立てるようになりました。

○○がやりにくいという時はやりにくい、難しいようにその動作をやっていることがほとんどです。
筋力不足を嘆くよりも日頃の体の使い方を見直してみることをお勧めします。