寝違えて首が痛いのを改善するには

今回は寝違えて首が痛いという相談。
首が全く動かせないという程ではないが首を動かすと痛みが出るとのこと。

首の筋肉の状態をチェックしてみると筋肉は強く緊張してしまっていた。
問題を解決する方法は筋肉の緊張をゆるめることだが首を動かすと痛みが出るので首を動かしてゆるめていくのは難しいですが、ゆるめる方法は他にもあります。

首が硬くなっているということは全身のバランスも崩れてしまっています。
実際、首以外にも腕や肩、胸や背中、腰、お腹、脚なども緊張していました。
そういったことからも痛い首を動かそうとしなくても全身の崩れを整えれば首の問題も解決されるはずです。

腕や肩の筋肉の緊張がゆるむと体幹の筋肉の緊張もゆるみ、捻じれや歪み、傾きといった崩れの改善されます。そうすると首の動かすのも少し楽になった。
加えて首や首筋、肩甲骨から首に繋がっている筋肉を刺激したところ、ほとんど痛みを感じることなく首が動かせるようになった。

上半身の崩れが直ると脚の崩れも直って立った時のバランスも改善し、立ち姿勢も良くなった。

緊張して硬くなっている筋肉にできることはゆるめることだけですし、部分に問題が起きていてもそこは影響を受けているところであって根本的な問題は全身の崩れです。
そういったことを踏まえてアプローチすれば痛い首を無理に動かすことをしなくても問題を解決する方法はあるということです。