手を後ろに回すと肩が痛い。原因は?改善するには?

手を後ろに回すと肩が痛いという相談が来ました。

後ろで両手がつなげない、背中のファスナーが上げられないなど似たような相談もよく受けます。
こういった場合、「肩が硬いから」と簡単に終わらせてしまうケースが多いですが、問題を解決するにはなぜそれができないのか原因を考える必要があります。

後ろに手を回すというのがどういった動きなのかを考えてみると、
肩では腕を後ろ(伸展)に持っていき内側に捻る動きが必要です。
肘では曲げる動きが必要です。
この動きのどれかが不十分なためにできない、肩が痛くなるという問題が起きてしまうと考えられます。

今回のケースでは肩の内側に捻る動きが不十分だったために肩に痛みが起きてしまっていました。

そこで体幹の緊張をゆるめていきました。
・呼吸に合わせて体を左右に軽く捻る
・呼吸に合わせて前屈
・胸や腕など屈筋をさする
・肩を上下に動かす
・腕をブラブラする
・呼吸をする

体幹の緊張をゆるめて猫背、巻き肩の姿勢を戻して改めて手を後ろに回してみると痛みなくできるようになりました。

筋肉が硬くなるのは使い過ぎ、使わない、使い方が悪いのどれかです。
問題の原因をきちんと見つければそんなに難しいことをしなくても問題を解決することができます。