歩くのがしんどいのは足腰が弱ってきたせいでしょうか?

「最近歩くのがしんどいのですが、老化で足腰が弱ってきたせいでしょうか?」といった相談が来ました。

自分の脚で立って歩くことはできます。
立つ、歩くための筋肉はあるということです。
それなのに歩くのがしんどいそうです。

まず毎日の過ごし方について伺ってみると、
・家から出ない
・イスやソファーに座って過ごす時間が多い
という感じでした。

身体の状態をチェックしてみると、
・猫背
・O脚
・首こり、肩こり、腰が痛い
・腕や脚を動かすと関節からゴリゴリ音が鳴る
といったことが見られました。

実際に歩いているところを見せてもらうと、
・脚を一生懸命動かして歩いている
・歩幅が狭い
・歩き姿勢も崩れている
という感じでした。

そこでまずは全身の筋肉の緊張をゆるめていきました。
首や肩、手や腕、背中や腰、お尻、太もも、ふくらはぎといったところの緊張をゆるめると猫背やO脚といった姿勢の崩れ、体幹や脚の捻じれが直ると背中や脚も綺麗に伸び、楽に立てるようになりました。

それから脚を一生懸命動かす歩き方から脚が勝手についてくるスムーズな歩き方に修正していきました。

そのための方法として、
・片脚支持の感覚を掴む練習
・片方だけ下駄(二本歯)を履いて歩く練習
を行いました。

脚を前に出して歩くのではなく、体を前方へ移動させると脚は勝手についてくるという感覚が掴めるとトレーニング前は歩くと体が重いと感じていたのが、「体が軽い、楽だ」というように変わり、自ら歩く動作を何度も繰り返すようになりました。

誰でもきついこと、しんどいことはやりたくないし、長く続けることはできません。
それがどれだけ正しいこと、必要なことだとしても。

トレーニングを見ている方の中には脚が悪い方もいらっしゃいますが、このスムーズな歩き方のトレーニングをすることで自然と体を動かすようになり太ももやお尻の筋肉量も増えたり血液検査の数値も良くなったなど様々な良い変化が身体に現れた方もいます。
楽に、気持ち良い運動でもやり方次第で良い結果を得ることはできるのです。