イスから立ち上がる時や歩いていると股関節が引っかかる感じで痛い。改善するにはどうすればいい?

今回はイスから立ち上がる時や歩いていると股関節が引っかかる感じがして痛いという相談。

歩き方を見る前に立ち姿勢をチェックしたところ、
・頭が前に出て背中が丸くなっている
・肩、腰の左右の高さが違う
・痛みの出る方の脚はO脚気味
など体の捻じれ、姿勢の崩れが見られた。

全身の筋肉が緊張していましたので緊張をゆるめて体の捻じれ、姿勢の崩れを直すことにしました。

緊張をゆるめるアプローチとして、
・頭、顔の緊張をゆるめる
・首の緊張をゆるめる
・肩、腕の緊張をゆるめる
といったことをやってみた。
そうすると上半身の緊張がゆるみ、頭の位置、猫背、体の捻じれが改善した。

次に腰からお尻にかけての緊張をゆるめると股関節の動きもスムーズになりO脚の改善し、リラックスして立てるようになった。

それからイスのしゃがむ・立ち上がるの体の使い方の練習や歩き方の修正のために片脚支持の感覚を掴む練習を行った。
そうするとイスからもスムーズに立ち上がれるようになりましたし、歩いても股関節の引っかかる感じもなくスムーズに歩けるようになった。

下半身に問題が起きているケースでもだいたいは上半身も既に崩れてしまっている。
まずは上半身も含めて全身の崩れを直すことが先決です。