頭を後ろに倒すと首が痛い。改善するにはどうすればいいの?

首の痛みの相談が来ました。
長時間のデスクワークで首の筋肉が固まって首の動きが悪くなり、後ろに倒した時は首に痛みを感じるということでした。

姿勢を見てみると、
・首が前に傾き、頭が前に出ている
・体幹、脚に捻じれている
・背中、腰が丸くなっている
・脚をきちんと伸ばせない

筋肉の状態をチェックしてみると、
首だけでなく、肩、腕、背中、腰、お尻、太もも、ふくらはぎまで全身の筋肉が緊張してしまっていました。

仕事で長時間パソコンを操作しているということでしたので腕の緊張をゆるめておく必要があると感じ、まずは手・手首を刺激して腕の緊張をゆるめました。
腕の緊張がゆるむと肩、背中、腰はもちろん首の緊張もゆるんで首の可動性も若干改善が見られました。

次に首から腰にかけての緊張をゆるめるために首を動かしていきました。
首の曲げ伸ばし、右回し・左回しを関節のサビを落とすようなイメージで骨を1つずつ動かしていきました。
首の動きが良くなると前に傾いてしまっていた首も真っ直ぐに戻り、頭の位置も良くなりました。
首だけでなく背中や腰の筋肉の緊張もゆるんで肩甲骨の動きも良くなりましたし、前屈といった運動も楽々できるようになりました。
さらにお尻や脚の緊張もゆるめて捻じれを改善し脚を伸ばして立てるように戻しました。

きちんと二本脚で立てるようになると歩く、イスの座る・立ち上がるといった動作も楽々できるようになり体の重だるさや倦怠感といった不快感も解消され気持ちよさや爽快感があったようです。

首といった一部分に問題が起きていても全身の崩れが原因です。
崩れた状態からできるだけ早く元の状態に戻してあげることが問題を解決する方法です。