股関節に引っかかる感じがあって動き始めが痛い。改善するにはどうすればいい?

いつも股関節に引っかかる感じがあってイスに座ろうとした時やイスから立ち上がろうとした時、歩き始めに股関節に痛みが起こる、動き出したら痛みが軽くなるという症状についての相談が来ました。

関節には特に異常はないものの、立った姿勢を見てみると肩、腰の左右の高さが違っていたり脚が捻じれていて真っ直ぐに伸ばせていません。
筋肉の状態をチェックしてみても首・肩・背中・腰・お尻・太もも・ふくらはぎと全身の筋肉が緊張して硬くなっていました。

まずは肩甲骨が十分動くようにして首や肩、背中、腰の緊張をゆるめて、お尻や太もも、ふくらはぎの緊張もゆるめて全身の筋肉の緊張をゆるめていきました。

股関節は脚を動かすと痛みが出るようだったのでうつ伏せになって骨盤を前後、左右、円を描くように動かして股関節の曲げ伸ばし、開く・閉じる、内・外旋の動きを改善していきました。

うつ伏せで可動域が改善してきたところで今度は膝立ちで股関節を動かして可動域を改善していき、最後は立った状態で股関節を動かしていきました。
動かしているうちに引っかかる感じがなくなり動きが軽くなる瞬間があったようで動かした時の痛みもかなり軽減されたようでした。

姿勢の崩れや脚の捻じれも改善されると脚も綺麗に真っ直ぐ伸ばして立てるようになりました。

最後にイスのしゃがむ・立つの動作、歩き方の修正も行い、こういった動作でも痛みなく楽に体が動かせるようにしておきました。

何をしても痛くてずっと大変な思いをされていたそうですが、痛みなく体が動かせるようになると嬉しそうな様子でした。