感想 「トレーニングを始めてからぎっくり腰になることがなくなりました」

繰り返して起きるぎっくり腰を根本から改善したいという相談を受けてトレーニングを見ているクライアントさんから、「トレーニングを始めてからぎっくり腰になることがなくなった」という感想をいただきました。

以前はぎっくり腰になったら痛みが治まるまで安静にするというくらいで痛みを根本から改善しようとするようなことはなかったそうですが何度も繰り返すので腰が痛くならないようにトレーニングをする必要があるということで相談に来られました。

長時間イスに座り、いつも同じ方向を向いて作業することが多い仕事をされているということで背中は丸くなっていたり体にも捻じれが見られました。
立った姿勢は腰を反るような感じがありました。
そういったこともあり腰の痛み以外にも慢性的に首・肩の凝りや背中の強い張り、時々夜中にふくらはぎが攣ることもあるくらい脚の強い張りも感じているようでした。

トレーニングでは主に全身の筋肉の緊張をゆるめて体の捻じれ、姿勢の崩れを直してリラックスして立つ(骨で立つ感覚)を取り戻していきました。

動きが悪くなっていた肩甲骨や骨盤の仙腸関節、股関節や膝、足首を動かして可動性を取り戻したり、魚住方式のトレーニングで筋肉の弾力性を取り戻すことで猫背や反り腰、体の捻じれといった姿勢の崩れが改善されると仕事や日常生活の中でも腰の違和感や痛みを感じることが徐々に少なくなっていきました。

その後も定期的に姿勢の崩れを修正していくことで繰り返していたぎっくり腰が起こらなくなりました。

痛みを根本から改善するには痛みを引き起こす原因をきちんと見つけてそれをきちんと解決することです。