野球のバッティングのパワーを付けるにはどんなトレーニングをすればいいの?

野球のバッティングのパワーを付けたいがどんなトレーニングをしたらいいか教えて欲しいという相談が来ました。
最近はプロの選手だけでなく、高校生でも筋トレで大きな体をした選手が増えてきていますが、筋肉を大きくして筋力を高めることがバッティングのパワーアップに繋がるのかよく考える必要があります。

パワーは力×スピードで表されます。
筋力とスピードの両方の能力が必要になってきます。
筋力が高くてもスピードが無ければパワーは大きくなりません。

パワーを高めるには筋力を高めるというのも1つの方法です。
スピードは今のままで筋力を上げていくというやり方が考えられます。
一般的にやられているのはこの方法です。
腕立て伏せやベンチプレス、スクワットや腹筋・背筋運動で全身の最大筋力を高めればあるレベルまでパワーもレベルアップします。

しかし、筋力を高めてもバットスイングは速くなりますが、それもある程度までです。
筋トレに関する情報はネットでも簡単に手に入りますから筋力を高めることは誰でも簡単にできますが、それだけでうまくいくとは限らないということです。

スイング動作の筋力を高めるということを考えると重いバットを振ることもいいトレーニングです。

素振りでは筋力は上がらないと言われますが、振っているバットの重さ(負荷)がいつも使っているものと同じだからです。
重いバットを振るには力が必要です。
これがスイング動作の筋力を高めるトレーニングになります。

パワーを高めるもう1つの方法はスピードを高めることです。
スピードを高めることもパワーを高めることに繋がります。

重いバットを振ったその後で軽いバットを振るというものです。
軽いバットを振ることで大きな力を出す状況はそのままでスピードの要素を強調することができます。
そうすればいつも振っているバットも楽々振れるようになってきます。

その他にはバットを振る動作に問題はないかということも考える必要があります。

いくら筋力やスピードを高めてもスイング動作に問題があれば大きなパワーは発揮できません。
振る動作で体の使い方、手順を知っておくことも重要です。(これが“基本”と呼ばれるものですが)
技術が上手くならない選手の場合はこの体の使い方、手順をきちんと理解できていないことが多いです。
それが上手くできれば楽に大きなパワーを発揮することができます。