重要なのは猫背が何秒で直るかではなく、いつも良い姿勢が続いてくれること

「たった○秒で猫背が直る」というようなタイトルのものを本やネットで目にします。
崩れた猫背を修正するだけならそんなに時間はかかりませんから別に驚きもありませんが、そういったものはまたすぐに姿勢が崩れてしまいます。

本当に大切なのは良い姿勢が長く続く、いつも良い姿勢でいられるようにすることではないでしょうか。
そのためには丸くなった背中を伸ばすだけに何かをするだけでは十分とは言えません。

背中が丸くなれば頭の位置も本来の位置からズレていますし、腰も丸くなってしまいます。
腰が丸くなれば脚をスッと伸ばして立つこともできません。
部分的な崩れが起きている時はすでに全身が崩れてしまっているといます。
根本的に猫背を改善する、いつも良い姿勢でいられるようにするには全身の崩れを直すことです。

姿勢は「筋肉の緊張度のバランス」です。
崩れた姿勢の時には必ず筋肉が緊張している部分が見つかります。
姿勢を直すには全身の筋肉の緊張度のバランスをゆるいところで揃えることです。

筋肉の緊張をゆるめる方法はいろいろあります。
ベッドに寝て身体を調整してゆるめることもできますし、体を動かして筋肉の緊張をゆるめることもできます。
皮膚にテーピングを貼って皮膚にゆとりを作って筋肉をゆるめることもできます。
どの方法にしても目的は筋肉の緊張をゆるめること、脳のインプットされている間違った良い姿勢の感覚を修正し、本来の自然な立ち姿勢をインプットすることです。

脳の中の情報を書き換えてしまえば崩れた姿勢で立てなくなります。
初めてトレーニングを受けたという方でも特に何かを意識したり特別な運動をしなくても3〜4日くらいは良い姿勢が続きます。
定期的に姿勢の修正をすることでそれほど長い時間をかけなくても姿勢は直ります。

身体の不調もそうですが、対処療法ではなく根本的な改善が必要です。
そのためには問題の原因をきちんと見つけて適切な方法で解決することです。