姿勢を変えるには意識ではなく、“認識”を変えればいい

姿勢を良くするために「〜を意識しましょう」と言われます。
背骨を伸ばす、胸を張る、肩甲骨を寄せるといったものから腹筋や背筋など筋肉を意識させるものまでいろいろあります。
意識は筋肉を緊張させます。
良い姿勢は「リラックス姿勢」です。
緊張した姿勢ではリラックス姿勢はできません。
背筋を伸ばしたり胸を張る、肩甲骨を寄せた姿勢をずっとしていると筋肉が疲労してしまうので長く続きません。
そういうことから考えてもあれこれ意識した姿勢はあまり好ましくありません。

姿勢は変えるには意識ではなく「認識」を変えることです。

姿勢が悪い人は見た目が悪くてもそれが楽だと認識しているからその姿勢を変えることができません。
背中が丸い姿勢よりも本来の自然な真っ直ぐな姿勢の方が楽だというように認識に変えてしまえば常に何かを意識したり、筋肉を鍛えるようなトレーニングをしなくても姿勢はすぐに変わります。

姿勢が悪い人は筋肉の緊張度のバランスが崩れてしまっています。
そういう体はどこかに緊張が起こっています。
体の緊張をゆるめてあげれば良いのです。
ゆるめるために辛いことを頑張る必要はありません。
楽なことをするだけです。
ゆるいところでも筋肉の緊張度のバランスが取れていれば姿勢は整います。
楽なことをして整えた姿勢は軽い、気持ち良いと感じます。
脳は楽なこと、気持ち良いこと、快の刺激は受け入れます。
だからあれこれ意識しなくても姿勢はずっと良いままだし、何か頑張るようなことをしなければそのまま続きます。

意識とは本来、“脳が理解している”、“わかっている”ということです。
良い姿勢というものがどういったものなのか脳がわかっていなければ姿勢は変わらないし、わからせれば姿勢は簡単に変わります。