腰痛の原因はインナーマッスルが衰えてしまっているから?

腰痛の原因はいろいろあります。
一般的によく言われるのが「筋力が弱いから」というものです。
腹筋、背筋など一部の筋肉の衰えが腰痛の原因として挙げられることが多く、先日もテレビで「腰痛の原因はインナーマッスルの衰え」と言われていました。

その番組ではインナーマッスル(奥の方にあって触れない筋肉)、腰痛の場合は腹横筋が衰えている、使えていないために姿勢が崩れてしまうので腹横筋を使うエクササイズ(息を吐いてお腹を凹ませる)を行うと姿勢が良くなり腰痛が良くなるということでした。

たしかに腹横筋は一般的に言われる腹筋(腹直筋)や脇腹(腹斜筋)の下にありますが、一部の筋肉が立っている時に使えていないということはすでに全身が崩れてしまっています。
全身が崩れてしまっているのに腹横筋を使えるようにしてもまたバランスが変わってきて全体のバランスの崩れは改善しません。

筋肉が衰えるのは使っていないから、使い過ぎているからです。
背骨のラインが真っ直ぐ、良い立ち姿勢であれば腹横筋もきちんと使われるのではないでしょうか。
腰痛の原因が姿勢の崩れだと言うのであればいちいち腹横筋だけを使うエクササイズをするような面倒なことをしなくても崩れた姿勢を本来の自然な立ち姿勢に戻せば良い、全身の筋肉の緊張をゆるめて緊張度のバランスを取れば良いのではないでしょうか。

実際、腰痛で相談に来る人も全身の筋肉の緊張をゆるめてバランスを取って姿勢を整えると腰の痛みが軽減します。
定期的に姿勢の崩れを直して相手の脳に本来の自然な立ち姿勢をインプットしていくと姿勢の崩れも小さくなり、やがて腰痛は改善されます。

骨や関節に問題のない腰痛の原因の多くは本来の自然な立ち姿勢を取り戻せば改善できます。
筋肉を鍛えたり、変わった運動をする必要はありません。