身体を良い状態に戻すには“やりにくいこと”を解決していく

猫背を直す、背骨を伸ばすには以前にも書きましたが前屈運動が効果的なのでトレーニングの中でもほぼ全員にやってもらうのですが、「前屈はできないんです。」という人がいます。

私は前屈ができないというのは全く曲げられないことをイメージしますが、できないという人のイメージは“膝を伸ばして前屈をして手が床に着かない、体が硬いことを「できない」と思っています。

やりにくいというのはそれが難しいということであって、動かないとうわけではありません。
そうなればやりやすいようにやり方を変えてみるというのも1つの考え方です。

膝を伸ばして前屈をするというのは脚の繋がりから考えてみると誰でもやりにくいと感じるのが普通です。
膝をゆるめて前屈をしてみるとほとんどの人ができます。
目的は背骨を伸ばすことなので太ももの裏やふくらはぎの筋肉が突っ張るのを我慢してやる必要はありません。
そうして何度も繰り返しながら気持ち良く伸びる感覚がわかってくると太ももやふくらはぎの筋肉の緊張もゆるんで膝の曲がる具合も徐々にわずかになってきます。

前屈に限らず、歩く、イスのしゃがむ立つ、階段の昇り降りといった日常生活の中でやっている動作のやりづらさもほとんどがやりにくい体の状態(姿勢が崩れている、体に捻じれが見られる)、やりにくいようにやっているかのどちらかです。

やりにくい体の状態であれば筋肉の緊張をゆるめて動かしやすい状態にしてやれば問題なくできるようになりますし、しゃがむ立つなどは手順や体の使い方といったポイントを直せば関節に問題のない人の場合、普通にできます。

やりにくいと感じていることは直す、良くするうえでとても重要な要素です。
やりにくいからやらないのではなく、できるようにすることが必要です。
やりにくいはできない、動かせないとは違うんです。