腰を押したり揉んでも腰痛が治らない理由

腰が痛くて整体に行ったら痛い腰を押したり揉んだりされたが痛みが良くなるどころか余計に痛くなってしまったという相談に来られるケースが多くあります。

痛みが出ている腰を押したり揉んだりしても痛みが治らない理由は、そこが痛みの原因ではないからです。

私は治療家ではないので痛みを治すようなことはできません。
なので日頃の過ごし方などについて話を伺いながら痛みが起きている原因を探り、その原因を解決するための最適なトレーニングを行って痛みを改善していきます。

腰が痛いという人の全身をチェックしてみると腰以外にも筋肉が緊張している部分がたくさん見つかります。
背中がパンパンに張っている、肩甲骨周りも硬くなっている、首や首筋、肩も緊張している、お尻が硬くなっている、太ももがガチガチに硬くなっている、ふくらはぎが硬くなっている、足のアーチが落ちてしまっている、足の指が曲がってしまっているなど全身に様々な問題が見つかります。

首が緊張すればその下にある肩や背中、腰も緊張が連鎖しますし、足に問題があればその上にあるふくらはぎ、太もも、お尻も既に崩れてしまっていることが考えられます。

こういった場合には全身の筋肉の緊張をゆるめることが効果的な方法になってきます。
痛みの出ている部分だけ良くして全体を良くすることは難しいですが、全体を良い状態に戻せば問題が起きている部分も結果的に改善されます。

その中でも重要なポイントは首、肩甲骨周り、骨盤(仙腸関節)、太もも、足の緊張をゆるめることです。
ここがきちんとゆるむと腰の痛みは軽減、改善していきます。

痛みの出ているところを押したり、揉んだりしてもらうと一時的に痛みが軽くなったり、気持ち良いといった感覚はあるかもしれませんが、腰痛を改善して痛みのない体にしたいのであれば痛みを引き起こしている原因をきちんと見つけて解決してあげることです。

広告