背骨のS字カーブを取り戻すにはどうすればいい?

背骨は真っ直ぐではなく、S字カーブを描いた状態が良い状態と言われて背骨が真っ直ぐになっているのが気になるとクライアントさんが相談に来ました。

元々背骨は自然なS字カーブがあります。その自然なカーブ構造が崩れてしまっているということです。

パソコンや前屈み姿勢での作業を長時間行っていると首が前に傾き、背中が丸くなってしまうと頸椎や胸椎のカーブが消えてしまいます。

姿勢が崩れてしまっただけですから、元の自然な状態に回復させてあげれば問題は解決されます。
姿勢が崩れてしまったということは筋肉の緊張度のバランスが崩れてしまったということですから、縮んで緊張している首や胸、お腹といった部分の筋肉のゆるめれば頭の位置は本来の良い位置に戻って、背骨も自然なs字カーブを取り戻せます。

骨盤体操などで骨盤の傾きを直して背骨のカーブを取り戻そうとする考え方もありますが、実際に指導してみると下の部分を直してもそれよりも上の胸や首といった部分はあまり修正されません。
ところが、上の部分を直すと腰や骨盤といった下の部分の崩れが修正されます。
そういったことから上の部分からアプローチする方が効率も良いし、効果的だと感じます。

ノーマルな状態から崩れてしまっているのであれば、本来の状態に回復させることを考えればいいのであって、あまり難しく考える必要はないと思います。