トップで肘が下がるピッチングフォームはどう直したらいい?

ボールを投げる時に肘が下がってしまっていると、「肘をしっかりあげて投げなさい」と指導するケースがよく見られます。

肩に問題があって上げられない場合を除いて、ほとんどは普通にやると腕は肩より上に上がるのに投げる時に下がってしまうというものです。
その原因は“肘が上がらないようにやっている”からです。

特にテイクバックの問題です。
テイクバックの指導で多いのが「肘から上げていく」というものです。
腕を下に下げている状態でも肘から腕を上げようとするとやり辛さを感じます。
やり辛いやり方でやっているから上がらないというのであれば楽に上げるやり方に変えればいいのではないでしょうか。

先日指導した高校生もテイクバックで腕が上げにくいということを言っていましたが、やはり肘から上げるやり方をしていました。
脚を上げ、次に体の前で左右の手を開いていく時に肩や腕の力を抜き、力を抜いたまま体重移動していく(その時に肘や腕のことは何も意識しない)、グラブや肩・腰などの中で自分が一番意識しやすいところで投げる方向を決めるといったことをアドバイスしてみると楽に腕が上がるようになりました。
腕もしなるように使えるようになり腕の振りも勢いが出ました。

顔を向けている方向の腕は伸びやすく、頭の後方にある腕は自然に曲がります。
そして投げる方向を決めれば自然と腕は肩よりも上に持ってくることができます。

投げる動作でも自然な体の使い方があり、それに従ってやれば腕は楽に上にあげることができるのです。

広告