良い姿勢は背が伸び、目線が高くなる

一般的に言われる良い姿勢は頭から踵のラインが真っ直ぐと言われます。(実際に骸骨を横から見ても頭から踵までが一直線になるようなことはないのでそれ自体、不適切ですが・・・)
img_5725

猫背のように姿勢になると特に背骨のラインが崩れてしまうので意識的に胸を張ったり、肩甲骨を寄せて背筋をピンとしようとしますが、そういった意識的に作った良い姿勢は肩に力が入っていたり、腰が反ってしまうためその姿勢を続けているのが辛い、不自然な姿勢です。
背筋をピンと伸ばす意識をしたところで背骨のラインが戻ることはありません。
骨が自分勝手に動くことはありません。筋肉によって動かされます。
姿勢が崩れるのは「筋肉の緊張度のバランスが崩れてしまう」からです。

元の良い姿勢を取り戻すには外枠の筋肉の緊張をゆるめて緊張度のバランスを取ることです。
筋肉の緊張度のバランスが整って体幹が凹みのない綺麗な筒状になれば自ずとその中を通っている背骨のラインも元の良いラインに戻ります。

そのためには全身の筋肉の緊張をゆるめてあげることですが、特に首、背中、腰の緊張をゆるめることが大切です。
肩甲骨の動きを良くすると首や背中といった肩甲骨に繋がっている筋肉がゆるみますし、首や背中の緊張がゆるむと腰の緊張もゆるみやすくなりますのでかなり重要です。

そして脊柱を伸ばすための前屈も大事な運動です。
実際のトレーニングでも肩甲骨周りの緊張をゆるめた後、椅子に座った状態で前屈を行いますが、適切な手順、やり方で前屈をやると気持ち良く腰、背中、首が伸びます。
こっちでサポートして頭頂部が床に着くくらいまでグイグイやりますが、うまくやれると全く辛さはありません。
実際にトレーニングを受けている人も「腰や背中がどんどん伸びて気持ち良い」などと言います。
そうして背骨周りの筋肉をゆるめてから立ってみると背が伸びた感覚、目線が高くなった感覚が出てきて、楽に自然に立っていても体の中に芯が通っているような感覚も出てきます。

いつも背が高い感覚、目線が高い感覚で過ごしていれば自然と姿勢も崩れにくくなりますし、良い姿勢が癖になってきます。
姿勢を良くするためには、良い姿勢をしようとする意識ではなく、良い姿勢の“感覚”をいつも脳に教えてあげることです。