長く歩いた後に脚が動かなくなるのは脚の筋肉の持久力がないから?

長い時間歩き続けた後にイスから立ち上がったり階段を昇り降りしようとしても脚が動かなくなってしまうというような相談を受けることがあります。

ほとんどの人は「脚の筋肉の持久力がないから」と言って脚の筋肉を鍛えるような筋トレを始めようと考えますが、筋トレをしたところで急に長い時間歩けるようになることはありません。

なぜなら、脚が動かなくなる原因は筋肉を動かすエネルギーが切れてしまっただけだからです。長く何かをやり続けるためには負荷は軽くある必要があります。なので、筋肉を一生懸命鍛えなくても楽にスムーズな歩き方を身につければ長く歩き続けられるようになります。

疲れたら休み、回復したらまた歩く、そうやって頑張らないで楽に歩くことを何度も繰り返してやっていけば自然と歩き続けるスタミナもついてきます。

頑張ることだけが唯一の方法ではないということです。

広告