スクワットで深くしゃがめないのは一生懸命しゃがもうとするから

「体が硬いからしゃがめない」、「足首が硬いからしゃがめない」などスクワットでしゃがめない理由をいろいろ言うケースがありますが、しゃがもうとする、しゃがまそうとするからしゃがめないということもあります。

体が硬いなら全身の緊張をゆるめてうごきやすい状態にしてからやればいいだけではないでしょうか。
テーピングを使うだけで足首が曲げにくいという人もしゃがみやすくなります。

スクワットのスタートは“立った状態から”と決めてしまいがちですが、考え立ち上がった状態からしゃがんでいくというのは難しい動きです。
しゃがむのが難しい人にわざわざ難しい方からやらせるから余計に難しくなるということもあります。

座った状態からスタートしてみると楽に立ち上がることができます。
そうやって“できる”を繰り返していくとしゃがむ努力をしなくても楽にしゃがめるようになるということもあります。(動いているうちに関節や筋肉の動きが良くなっていくというのももちろんありますが)

最近ではそれ以外にも四つ這い姿勢で股関節や膝の動きを良くしていくような運動を入れてみますが、そういったものをした後でしゃがむ動作をしてみると楽にできます。

「◯◯だからできない」、「こんなもんだ」と勝手に決め付けてやっていないからできないだけで何かを使ってみたり、できるようなやり方を考えてみるということも大切なことです。

広告