姿勢改善トレーニング

足元からも体のバランスは崩れてくる

姿勢を良くするというとほとんどの人は背筋を真っ直ぐに伸ばすなど上半身のことばかりを気にしますが、良い立ち姿勢を保つうえで足元を見直してみることも非常に大切です。

足の裏には平衡感覚を司るセンサーがたくさんあると言われています。足元がフラフラしていればそこから上も同じように不安定になってしまいます。

良い立ち姿勢を保つうえで足の裏の刺激は非常に重要なのですが、日常ではいつも同じ刺激になりがちです。同じ刺激はマンネリが起こります。その刺激は使えなくなってしまいます。

硬い・柔らかい、凹凸しているなどいろんな足元に立ったり、歩いたりしてみるといつもと同じところに立ってみてもいつもは感じない微妙な違いに気づくようになります。左右に同じように体重がかかっているか、つま先から踵まで全体に均等に体重がかかっているかなど。

ちなみに、肩こりや腰痛、ひざ痛で相談に来る人は上半身だけでなく足元も不安定になってしまいます。

鏡に映る上半身ばかり気にするのではなく、足元も見直してみましょう。

広告