「腹筋・背筋が強くないと背骨は真っ直ぐに保てない」は本当か?

姿勢が悪いと一般的に腹筋・背筋の筋力が弱いからと言われます。

ところが腹筋や背筋を鍛えているのに姿勢が良くならないという相談が来ます。

そういうケースも体幹の筋肉の緊張をゆるめてみると姿勢が良くなってきます。筋力の強さがないと背骨を真っ直ぐに立てておくことができないというわけではありません。

姿勢が悪くなるのは筋肉の緊張度のバランスが崩れてしまうからです。そうなると腹筋・背筋が緩いところで緊張度のバランスが取ってあげれば本来の良い位置で背骨も安定します。

筋肉を鍛えているのに姿勢が良くならないという時には筋肉の緊張をゆるめることをしてみることです。

広告