「腹筋・背筋が強くないと背骨は真っ直ぐに保てない」は本当か?

姿勢が悪いと一般的に腹筋・背筋の筋力が弱いからと言われます。
ところが腹筋や背筋を鍛えているのに姿勢が良くならないという相談が来ます。

そういうケースも体幹の筋肉の緊張をゆるめてみると姿勢が良くなってきます。
筋力の強さがないと背骨を真っ直ぐに立てておくことができないというわけではありません。

そもそも自然に立った時には背骨はs字カーブをしていますが、真っ直ぐなラインで配列されています。
重力に対して姿勢を保つために腹筋や背筋というものがあります。
姿勢が悪くなるのは筋肉の緊張度のバランスが崩れてしまうからです。
バランスは筋力の強い・弱い、筋肉がたくさんある・少ないとは関係ありません。
弱ければ弱いところでバランスを取れば背骨のラインは崩れることはありません。
個人的に理想は腹筋・背筋の“緩い緊張度のバランス”が取れていることです。

そのように考えると、崩れた姿勢も筋肉を強化することで直そうとするのではなく、筋肉の緊張をゆるめることで緊張度のバランスを整えてあげればきついこと、辛いことをしなくても楽に、軽く、効率良く自然な姿勢を取り戻せます。

筋肉を鍛えることでどんなことでも解決するようなことはありません。
問題の原因から考え、それを解決するための最適な方法でやればきついこと、辛いことをしなくても問題を解決することもできるのです。

広告