「膝が痛くなるのは太ももの内側の筋肉が弱いから」は本当か?

膝が痛くなったので病院へ行くと「膝の内側の筋肉が弱くなっているから鍛えて下さい。」と言われることがあるようで膝の内側の筋肉を鍛えるトレーニングについて相談が来ました。

そもそも普通に立ったり歩いたり、座って立ち上がったり、階段の昇り降りで膝の内側の筋肉だけが使われないということは普通は考えられません。ところが内側の筋肉だけが萎んでしまっているということは脚が真っ直ぐではなく捻じれてしまっているということが考えられます。捻じれた脚で膝を曲げ伸ばしすると関節も適切な動きができません。そういったことが原因で膝が痛くなっているということも考えられます。実際に相談に来る人の脚を見てもほぼ全員が脚が捻じれてしまっています。そんな状態でいくら内側の筋肉を使うような運動をしてもきちんと使われることはありません。

やるべきことは筋肉を鍛えることではなく、筋肉の緊張度のバランスを整えて真っ直ぐな脚に戻すことです。そのためにやることはゆるめることです。そうすると萎んでしまっていた膝の内側の筋肉も膨らみ、弾力が出てきます。脚が真っ直ぐになれば関節の噛み合わせ、滑りも良くなるので歩いたり、座って立ち上がったり、階段の昇り降りでも膝がグラついたりすることもなく綺麗に使われます。すると痛みも感じなくなります。鍛えることを考える前にまずはゆるめて整えることをすることです。

広告