ひざ痛改善

スクワットで太ももの筋肉を強くすればひざ痛は治るのか?

ひざ痛で病院へ行くと「スクワットで筋肉を鍛えなさい」と言われることがあるそうです。間違ったことをすると余計に膝が悪くなりそうで心配という方から相談を受けることがあります。

スクワットをすれば膝が痛くなくなるようなことはないと思います。それはひざ痛のほとんどは姿勢や身体のバランスが崩れてしまったシワ寄せが膝に来てしまっているからです。姿勢が崩れ、脚が捻じれてしまっているために膝の関節がきちんと噛み合わない、滑らないために軟骨などにストレスをかけてしまい磨り減ってしまうというようなことが起きます。

捻じれて噛み合わせや滑りが悪くなっている状態でしゃがみこめば痛みのある膝の関節に余計にストレスをかけることになってしまいます。筋肉を鍛えることは悪いことではありませんが、関節に負担をかけるようなやり方でやることは避けるべきだと思います。

そもそもの原因が姿勢の崩れにあるのならば崩れた姿勢を元に戻して関節の噛み合わせ、滑りを元の状態に戻せばいいのではないでしょうか。実際、ひざ痛で相談に来る人も全身の筋肉の緊張をゆるめて、弾力を取り戻し本来の自然な骨で立つ姿勢に戻してみるだけで膝の痛みは軽減、改善します。

歩くと痛みがあったりイスの座る立つで痛みがある、階段の昇り降りで痛みが出るといった場合は痛みの出るその動きの体の使い方を見直すことで痛みなく動かせるようになります。

筋肉を鍛える前にまずは姿勢を整えることが大事です。

広告