感想 「気持ちの良い動きを積み重ねるうちにあちこち痛みを抱えていた部分がウソのように消えました。」

腰痛(腰椎すべり症)と股関節の痛みで困っていたというクライアントさんから魚住方式のトレーニングの感想をいただきました。

急に足が立たず歩けなくなった時、整形外科でレントゲンを撮り背骨がすべってズレているから手術しかないと言われ、窮屈なコルセットを巻かれ、身体の自由も効かず、この世の終わりのような気持ちでした。
このトレーニングに出会って“痛くない自分の一番気持ちの良い動き”を積み重ねるうちにあちこち痛みを抱えていた部分がウソのように消え魔法にかかったようでした。

腰椎すべり症ではありましたが医師からの運動をするようにとのアドバイスもあり、腹筋、背筋を鍛えるようなエクササイズを行なっていたそうですがあまり効果が見られないということで相談に来られました。

腰だけでなく股関節にも痛みがあったのでどうして腰椎にすべりが出てしまったのか、股関節に大きなストレスがかかっているのかという原因を解決する方向でトレーニングを進めていきました。

体幹の筋肉の緊張度のバランスが崩れていて肩甲骨、鎖骨、肋骨、腕の動きが悪くなっていたのでこの一帯を動かす動かす運動をしたり前屈で脊柱周りの筋肉の緊張をゆるめて体幹の筋肉の緊張度のバランスを整えると捻じれや猫背気味の姿勢が良くなり、腰の痛みが良くなりました。

股関節もお尻の筋肉が緊張で硬くなっていました。
股関節を動かすのはお尻の筋肉ですから硬くなって動きが悪くなっていれば股関節の可動域が小さくても仕方ありません。
お尻の筋肉の弾力を取り戻すエクササイズを膝、股関節の角度をいろいろ変えながらたくさん動かすようにしてみると脚が綺麗に伸びて立ち方も良くなりました。

それ以外に日常的に行うイスのしゃがむ立つ、歩くといった動作でのスムーズな体の使い方のトレーニングも行ったところ少しずつ痛みを感じることなく過ごせるようになってきたようです。

痛みに対して何かをするということはできませんし、それを何とかしようとしてもなかなかうまくいきません。
それよりも「なぜ腰椎がすべっているのか、股関節に痛みが起きているのか?」という原因を考え、それを解決するためにトレーニングは何ができるか?を考えてみるといろいろやりようはあります。
基本的には自然体から外れて不自然体になってしまったために局所にストレスがかかって痛みを引き起こしてしまっているわけですから、元の自然体の状態に戻してあげれば状態は良くなります。

広告