背中が丸くなるように筋肉に要求すれば丸くなるし、伸びるように要求すれば伸びてくれる

「どうして姿勢が悪くなるのか?」という質問を受けることが多いですが、答えはシンプルで「そうなるようにしているからその姿勢になっている」ということになります。

筋肉は“刺激と反応”です。
課された要求に対してきちんと応えてくれます。
姿勢が悪い、猫背になっている人は言い換えると“背中を丸くする”という要求に対してきちんと筋肉が反応した結果その姿勢になっているのです。

ということは、「背中が伸びる、胸が開く」ような刺激を筋肉に与えると背中は丸くしにくくなるということです。
実際に胸が開き、背中が伸びるような形で気持ち良く筋肉を緊張させるようなことを2、3回やってみるとどんどん背中は伸ばしやすく、胸は開きやすくなってきて終わった後は姿勢が変わります。

しかし、「背中を伸ばそう」では背中は伸びません。
多くの人が背筋を伸ばして良い姿勢をしようとしているのに姿勢が良くならないのは筋肉への刺激に問題があるからです。

「刺激と反応」ということがわかっていれば、そんなにきついことをしたり、無理矢理しようとしなくてももっと簡単に本来の自然な姿勢を取り戻せます。