ゴルフをすると腰が痛くなる原因

ゴルフをしている方から腰の痛みに関する相談がよく来ます。
なかにはゴルフを止めるように医師から言われたという方もいますが、話を伺ってみると骨などに特に異常が見つかったというわけでもありません。
ゴルフをしていて腰痛に悩んでいる方も大勢見てきましたが、多いのが日常生活で問題を感じることはないが、ゴルフをすると腰が痛くなるというものです。
問題の原因は他にあるということです。

1つは、「身体のバランスの崩れ」です。
ゴルフをしている人のほとんどはいつも同じ同じ側のスイングばかりです。
コーチから練習の後やラウンドの後に反対のスイングをするよう言われていたり、有名なプロが反対のスイングをしているということを知っていても反対側のスイングをしている人はまずいません。
そうすると筋肉の緊張のバランスが崩れたままになってしまいます。
崩れたバランスをそのままにしていると体幹や脚などに捻じれが起きてきます。
捻じれ起きている腰の部分には大きなストレスがかかってしまい、限界を超えると痛みが出るといます。

そういうケースでは崩れてしまった筋肉の緊張度のバランスを整える、体をゆるめ筋肉の弾力性を取り戻しリラックスした自然な立ち方に戻すことで腰に大きなストレスがかかるようなことがなくなり、痛みを解消することができました。

もう1つが「スイング」です。
腰が痛いという方のほとんどが腰を捻ってスイングしています。
ゴルフのスイングは腰を捻っているように見えるのでそのようにする、指導されるケースが多いですが、腰は構造上捻る動きはほとんどできません。
捻れない部分を捻ろうとするから腰に大きな負担をかけてしまい、限界を超えた時に痛みが出てしまいます。

腰は捻ることはできませんが、スイングでは捻る動きを使います。
要は、どこで捻るかということです。
それが「体幹」です。
体幹で捻ると腰だけに大きなストレスがかかるようなことはなくなります。
それどころか、捻られた体幹が戻ろうとするのを利用すると全身を連動させたスイングになり、楽に大きな力を出せるようになり、ドライバーの飛距離も簡単に伸びます。

腰が痛くてコルセットを巻きながらラウンドをしていたクライアントさんがいますが、今も同じくらいのペースでラウンドをしていますが、スイングのイメージを変えてからは腰の痛みが出ることはありません。
ゴルフが腰に悪いのではなく、腰が痛くなるようなスイングをしているから腰が痛くなるだけということです。

腰が痛くなるということは必ずそうなる原因があります。
痛みを何とかしようとするよりも原因を見つけることが大事です。

広告