筋力の強さのバランスが取れていないから膝が痛くなる?

「膝が痛い人に太ももの外側の内側の筋力のバランスが悪い人が多いので筋力のバランスを取るトレーニングをしましょう。」というようなことがよく言われます。
たしかにひざ痛の人は太ももの前や外側が緊張で硬くなってしまっていて、内側の筋肉は萎んで硬くなっているようなケースがよく見られます。
内側の筋肉を鍛えるようなトレーニングをしたら膝が痛くなくなるのかというとそんなことはありません。

そもそも、内側の筋肉が勝手に萎んでしまったのではなく前や外側ばかり使うような歪なバランスで脚を使った結果、脚が捻じれてきちんと伸ばせなくなり膝に大きなストレスをかけてしまうことになってしまっているのです。
そういった使い方の癖を直すことなく、筋肉だけ鍛えたところで問題の解決にはなりません。
内側の筋肉がどれくらい強くなれば筋力のバランスが良くなるのかなんてはっきりわかりません。

しかし、脚をきちんと伸ばせるようにする、真っ直ぐな脚で立ったりしゃがむ立つ、階段を昇り降りする、歩くといった動作をした時に太ももの内側だけ使われないなんてことはないはずです。
大事なのは筋力のバランスではなく、「筋肉の緊張度のバランス」です。

ひざ痛で相談に来る人に対してのトレーニングでは筋肉を鍛えるようなことはしません。
筋肉をゆるめて緊張を取り、元々の膨らみ、弾力性を取り戻すようなトレーニングをします。
それでも緊張度のバランスがきちんと整えば脚の捻じれはなくなり、真っ直ぐに伸びるようになります。
立ち姿勢が良くなった後はしゃがむ立つ、階段の昇り降り、歩くといった日常生活動作での体の使い方のトレーニングを行います。

適切な手順、やり方で動作をすれば痛みなく行えます。
ひざ痛で相談に来る人には病院で軟骨が磨り減っていると言われた方もいますが、適切な動作をすれば軟骨が磨り減っていても問題なく行えます。

ひざ痛を改善するために重要なのは筋力のバランスではなく、“緊張度のバランス”です。
そしてそれを達成するための方法は“身体をゆるめる、整えるトレーニング”です。