「筋力が弱くなったり姿勢が悪いからと歩くのが辛くなる」は本当か?

生涯自分の脚で歩き続けることができるようにスクワットで足腰や体幹を鍛えましょうというような本が話題になっているようですが、筋力が弱くなるから歩くとすぐに疲れたり、しんどいと感じるようになるのでしょうか?

歩くというのは移動手段になるわけですが楽に歩きたいのか、無駄にエネルギーを消費して歩きたいのか、歩くと言っても目的が違えばそのやり方は全然違います。

歩くというのは重力に抗してそれなりの重さのある体を移動させることですが、歩くのが辛いのは歩くための筋力が弱くなったのか?姿勢が悪くなったからなのか?歩き方に無駄が多いからか?

トレーニングの原則として、スクワットをしてもスクワットの動作が力強くなることはありますが、歩く動作が力強くなるということはありません。
一方で歩くための筋力をつけるために大股で速く歩かせるようなことをしますが、重力に抗して自分の体を移動させるためにそんなに大きな筋肉、筋力が必要でしょうか?楽に歩いてはいけないのでしょうか?

大股で速く歩くというとほとんどの人が脚を前に出すことから動作をスタートさせますが、脚をいくら大きく前に出しても体は進みません。それどころか脚が体よりも前に出るとつっかえ棒のようになって前に進もうとする体にブレーキをかけてしまいます。

脚を速く動かすこともそうですが、脚を速く動かしたところで体が前にグングン進むようなことはありません。ヨボヨボした歩きをしている人を見ても脚はそれなりに速く動かせています。ところが体の移動が少ないので脚を一生懸命動かしている割に体が移動していかないのです。

腕・胴体・脚とありますが、体は繋がっています。
脚をいくら前に出しても体は進みませんが、体を前に進めると脚は勝手についてきます。

体をスムーズに前に進めるには腕も大事です。
ほとんどの人は後ろに引くように腕を振りますが、腕を前に振っていくと腕に引っ張られるように体も前に進みます。
そもそも歩くといのは日常生活動作ですから、疲れるようにやるよりも楽に、軽く、気持ち良くやれるようになることの方が大事なのではないでしょうか。
そうなると筋肉を鍛えたりするよりもエネルギー効率の良い歩き方を身につけることの方が大事ではないでしょうか。
また、そういう歩き方は流れがあり、スムーズな歩きをしていると歩き姿勢は自然と綺麗なものになります。

無駄にエネルギーを消費することが目的ではないのなら、もっと楽な歩き方をすればいいのではないでしょうか。

広告