腕が痺れるような感覚がある、鎖骨の辺りを押すと痛いのはどうすれば治るの?

デスクワークをしている方から腕が痺れるような感覚があるという相談を受けることがよくあります。

そういった方も病院へ行っても特に骨などに異常はないも言われます。しかし安静にしていても良くなっていく感じはありません。

こういう相談に来る人の鎖骨の辺りを押してみるとほぼ全員が痛みを感じます。

こういう症状が出ている人は“胸郭出口症候群”が起こっていると考えられます。

ですが、これを解決するのにそれほど難しいことをする必要はありません。身体をゆるめて本来の自然な体の状態を取り戻せば痛みは出なくなります。

先日相談に来た人も呼吸に合わせて体を動かして胸や肋骨の間の筋肉の緊張をゆるめて自然に胸が開いた状態に戻したり、肩甲骨周りの筋肉の弾力を取り戻して体幹の緊張のバランスを整えて崩れた姿勢を自然な良い姿勢に戻してみると痺れる感じもなくなりました。鎖骨を押さえてみても痛みを感じることもなくなりました。

骨などに異常が見つからない不調の場合、まずは筋肉をゆるめて全身の筋肉の緊張のバランスを整えて元々の自然な姿勢を取り戻してみることです。わざわざ筋肉を鍛えたり、硬くなっている筋肉を伸ばして柔らかくしようとするような難しいこと、きついことをする必要はないということです。