硬くなっている筋肉は鍛える前にまずは柔らかくする、弾力を取り戻す

肩こりがある、腰が痛い、膝が痛い、股関節が痛いなど様々な体の不調を抱えている人が相談に来ますが、ほとんどの人が気になる部分の筋肉だけでなく、全身の筋肉が緊張して硬くなっています。
そういった不調に対して筋トレで筋肉を鍛えて筋肉量を増やす、筋力を高めるような指導、アドバイスが一般的には多いですが、硬くなっている筋肉を鍛えても筋肉が膨らむことはありませんし、筋力が高まるようなことはありません。

そうなるとできることは、「筋肉をゆるめる」、「弾力のある筋肉にする」ことだけです。柔らかい筋肉に変えていく→体のポンプがしっかり使えるようになってくる→血液やリンパといった体液の循環が良くなる→体温が上がってくる→筋肉の弾力も出てくる→体が動かしやすくなる→可動域も自然に上がってくる。
そういう流れで体が元々の状態を取り戻します。

現在見ている方のケースでも肩こりや腰痛、ひざ痛、股関節痛があったとしても、痛みや辛さを感じることなくできることをすればこの流れで体が自然な状態を取り戻していき、気になる部分にストレスがかかるようなことがなくなれば痛みも解消できています。

とは言っても動かして筋肉を緊張させることは簡単にできますが、ゆるめるというのは簡単にはいきません。
今やっている魚住方式のトレーニングはちょっとしたコツがいりますが、スポーツをしていたような人でないとできないということでもありません。
運動をやったことがない、年配の方でもすぐにできるようになります。
楽に、軽く、気持ち良く動かせばいいだけですから。
それでいて良い結果がずっと続くわけです。

健康のためのトレーニングというものはそういうもので十分ということです。