ストレッチングを熱心にやっても可動域は取り戻せない

トレーニングの効果を高める上で関節可動域は大切です。

よくジムでも体が硬い人が関節可動域を取り戻そうとストレッチングを熱心にやっているところを見かけますが、ストレッチングで伸ばしても関節可動域はほとんど改善しません。

ストレッチングは筋肉を伸ばして筋肉の長さを取り戻すものですが、じっと同じ態勢をキープして行いますから筋肉や関節を動かすような動きはありません。

関節可動域を取り戻したいなら、取り戻したい動きをやれば良いのです。
筋肉を動かせば筋肉は温まります。
筋肉は温まると動きが良くなります。筋肉の動きが良くなれば関節可動域は自ずと改善します。

体が硬いと思っている人でも楽な範囲で楽に、スムーズに気持ち良く体や手脚を動かして筋肉の緊張が取れると自然と関節可動域も改善されます。

ストレッチングは筋肉を柔らかくするにしても高度なテクニックが必要ですし、関節可動域の改善効果はあまり期待できませんので、結論としては、“体を動かすのが一番”ということになります。