歩いたり、走ったりでもヒップアップしたスタイルは作れる

ジムで女性がヒップアップのためにスクワットやヒップスラストといったお尻の筋肉を鍛えるエクササイズに取り組んでいるシーンをよく見かけます。

お尻の筋肉は筋トレの効果でそれなりに付いてきているのですが、太ももの前や外側の筋肉が張り出していてあまりスタイル良く見えないという方も中にはいます。

スタイルを良くするには太ももの前や外側があまり太くない方が良いのではと思います。

しかし、ヒップアップトレーニングをしている人のほとんどが太ももの前や外側を鍛えるエクササイズは特別にやっていません。

それなのになぜ太ももの前や外側の筋肉が張り出してしまっているのはスクワットで太ももの前や外側の筋肉も使うようなやり方でやっていたり、普段何気なくやっている“歩く”、“階段の昇り降り”で太ももの前や外側を使っているからです。

筋肉は使っているように作られていきます。重りを使っていない軽い負荷の運動でも回数をたくさんやれば筋肉は刺激に適応して大きくなります。スクワットをするから太くなる、歩いているから細くなるなんてことはないということです。

逆に言えば、スクワットやヒップスラストみたいな特別なエクササイズをしなくても歩いてもお尻の筋肉を鍛えることはできるということです。

歩き方を良くする目的である道具を使って歩く練習を何十分もやっていたクライアントさんが、「お尻が痛くなってきました。」とびっくりしていました。それだけではなく、歩き方が良くなると太ももの前や外側の張り出しが解消され、脚が細く見えたのでそれにも驚いていました。

また、マラソンをしている方もちょっと接地の仕方を変えるだけで特別な筋トレをしなくてもスムーズに走る練習を繰り返しているだけで同じようにヒップアップし、太ももは引き締まるという効果が見られました。

筋トレはせいぜい何十回ですが、歩いたりは1日最低でも何百、何千歩、多ければ1万歩はいきます。かなりの回数です。そう考えると日常の何気ない動作で筋肉を鍛える方が効率的と考えることもできます。

筋トレのエクササイズだけが筋肉を鍛えるトレーニングではないということです。

広告