その他のお悩み, トレーニングの考え方

ストレッチングで筋肉を伸ばさなくてもスクワットを適切にやれば深くしゃがめるようになる

ヒップアップ、太ももを引き締めるためにスクワットをしているという女性をジムで多く見かけます。
ジムのインストラクターに効果的なスクワットのやり方を熱心に教わっているという人もいますが、深くしゃがめなくて困っているところもよく見かけます。

そういうケースに対して、「○○の筋肉が硬いせいです。ウォーミングアップとクールダウンの時や自宅でお風呂上がりにしっかりストレッチングをやって筋肉を柔らかくしましょう。」というようなことを言われます。

しかし、その通りにやってもしゃがむ深さが変わらないというのがほとんどです。
いくらストレッチングで硬い筋肉を伸ばしてもスクワットのしゃがむという動きの柔軟性にはほとんど関係ありません。
スクワットでしゃがむための柔軟性を高めたいのであれば、やるべきトレーニングはストレッチングではなく、「スクワット」です。
適切な手順、やり方でしゃがんでいればしゃがむ動作に関連する筋肉の柔軟性を高めることになるはずです。

スクワットというと太ももの筋肉を鍛えるため、お尻を鍛えるための運動くらいのイメージなのでどの筋肉に効かせるかは意識はされても骨や関節の動きを意識して行われることはほとんどありません。

膝などの関節に特に異常がない人なら適切な手順、やり方でスクワット動作を繰り返していればストレッチングなんてしなくても徐々に深くしゃがめるようになります。

スムーズにしゃがめるようになると太ももの360°の筋肉の緊張のバランスが整って脚が綺麗に真っ直ぐ伸びるようになり、太ももの引き締め効果やヒップアップ効果も見られます。

筋肉を鍛える=筋トレ、筋肉を柔らかくする=ストレッチングというように分けて考えてしまいがちですが、トレーニングもやり方次第で弾力のある柔らかいを作ることもできるのです。

広告