感想 「肩甲骨周りの筋肉が柔らかくなったら力を入れなくてもドライバーが速く振れたんです。」

ドライバーの飛距離が落ちてくるとゴルフを楽しめなくなったり反対に飛距離がそれなりに出ることで結果はとにかくゴルフをプレイすること楽しめたと感じるという人もいます。
ゴルフ愛好家にとってドライバーの飛距離が出せることはとても重要なようです。
トレーニングを続けているゴルフ愛好家のクライアントさんお2人から同じような感想をいただきました。
お1人は、

「肩甲骨周りの筋肉が柔らかくなったら力を入れなくてもドライバーが速く振れたんです。楽に振って今までと同じくらい跳ばせました。」

もうお1人は、

「体や筋肉の硬さが改善してきてドライバーの飛距離が伸びてゴルフがまた楽しくなってきました。」

スイングのパワーというと筋力だと思われがちです。
ジムでもダンベルやバーを一生懸命振ってスイングに必要な筋力を上げようとしている人をよく見かけますが、スイングのパワーを上げるために重要なのは「スピード」です。
そのために欠かせない要素が“柔軟性”です。
年齢と共に低下するのは筋力だけではありません。柔軟性も低下していきます。
実際、トレーニングを依頼してくるゴルフ愛好家の方のスイング動作をチェックしてみると体幹の筋肉の柔軟性が低下して腕だけで打っているような人がほとんどです。

トレーニングをすれば筋力も高まるように低下した柔軟性も筋肉の弾力性を高めるトレーニングをすることで改善されます。
柔軟性、スピードという要素のレベルを高めることもスイングのパワーを高める上でとても重要なことです。

広告