感想 「食事は全然変えていないのにトレーニングを始めてから体重が減ってるんです。」

筋トレや有酸素運動で消費エネルギーを増やせば、食事を減らして摂取エネルギーを減らせば体重は減るだろうと思われがちですが、そのようにやっているのに体重がなかなか減らなくいと悩んでいる人も多いようです。

ダイエットや減量の指導が専門ではありませんが、トレーニングを受けている人の多くが無理な食事制限やハードな運動をしているわけではないのに体重が減っています。

先日もクライアントさんから感想をいただきました。

「痩せたいわけではないので食事は全く変えずにご飯もしっかり食べているのにトレーニングを始めてから体重が減ってるんです。驚きです。」

週に1回のトレーニングで3ヶ月が経過したところですが、筋肉の弾力性を高めて姿勢や体のバランスを整えるトレーニングをしているだけで筋肉を大きくするようなハードなトレーニングは一切やっていません。
楽に、スムーズに気持ち良く体を動かしているだけですが、筋肉が元気になったり姿勢が良くなるだけでなく血液やリンパの循環が良くなって冷えやむくみの問題が解消されたり、仕事のストレスによる自立神経の乱れを整えて健康なカラダになってきています。

コンディションが良くなることで代謝機能がきちんと働くようになり、食べたものを体を作るための栄養としてしっかり使いこなせるので余計なものを溜め込むこともなくなったのだと思います。

体重を減らすために何を食べる・食べない、どんな運動をするかというようなことを考える前に、もっと基本的な「健康」ということを考えてみることも大切ではないでしょうか。