感想 「さっきまであんなに大変だったのに楽に立ち上がれます。なんで?不思議?」

ここ最近、股関節の痛みで悩んでいるという方からの相談が増えています。

股関節が痛いとイスからの立ち上がりや歩いたりといった日常生活動作が辛くなり、ついつい体を動かすことが少なくなり筋肉が減っていきます。

股関節の良い動きを維持するためにはお尻の筋肉はとても重要です。

しかし、股関節の痛みを抱えている人のほとんどはこのお尻の筋肉が萎んで垂れてしまっています。

重力に対して楽に動ける体、そのために必要な筋肉、筋力づくりのためのトレーニングとしてイスからの立ち上がりは効果的な運動です。

股関節が痛い、筋肉も減ってしまっているとなると筋力に頼った立ち上がりはできません。

ですが、大きな筋力がないとイスから立ち上がれないというわけでもありません。

足の幅・向きを変えたり足の裏への体重のかけ方、目線を使って立ち上がり動作をやってもらってみると股関節が痛い方でも手すりやサポートがなくても自分で立ち上がることができます。

先日トレーニングに来た方も「さっきまであんなに大変だったのに楽に立ち上がれます。なんで?不思議?」と驚いていました。

コツさえ掴めれば痛みを気にしないで立ち上がれるようになるので股関節が痛いということも忘れてしまいます。

痛みを解消するうえでは“痛みの記憶”を忘れることも大切です。

イスからの立ち上がるだけでも股関節には大きなストレスがかかります。

強い筋肉を作るのも良いですが、こういった簡単で楽にできることも知っておいて損はないと思います。