感想 「腰が痛かったのにスッキリして軽くなりました。」

腰痛の多くが骨などの組織に異常がない原因不明のものです。
そういった人の筋肉の状態をチェックしてみると緊張して硬くなっていますし、立ち方、座り方を見ても姿勢が崩れてしまっています。

一般的には腹筋・背筋を鍛えたり、硬くなっている筋肉をストレッチングで伸ばしたりマッサージで解すようなことがよく行われますが、姿勢がきちんと戻らないためにすぐに痛みが再発してしまいます。

先日、クライアントさんが腰が痛みを訴えて来られました。
腰や背中の筋肉は緊張で硬くなってしまっていて姿勢も崩れていたので魚住方式のトレーニングで肩甲骨、脊柱、股関節の周りの筋肉の緊張を解き、弾力性を取り戻してみると、

「さっきまで痛かったのにスッキリして軽くなりました。」

と驚いていました。
鏡で立ち姿勢、座り姿勢をチェックしてもトレーニング前よりも良くなっていることを感じたようですし、しゃがんで立ち上がる動作もスムーズにできる、歩いてみても楽に体が進むように感じたようです。

腰の痛みを何とかしようというのはトレーニングでは難しいですが、どうして痛くなるのかという原因から考えて適切なトレーニングを行えば筋肉を鍛えたりするようなきついこと、硬い筋肉をストレッチングで伸ばしたり、マッサージで硬くなっている筋肉を押したり揉んだりするような辛いことをしなくても結果的に痛みを軽減、解消できます。