重いものでやったから筋肉が太くなるわけでもないし、軽いものでやるから引き締まるわけでもない

筋トレというと「筋肉を鍛えると脚などが太くなってスタイルが悪くなるからあまりやりたくない。」というイメージを持っている人もいますが、重いものを持ってトレーニングすれば必ず太くなるわけでもありません。
筋トレをやっていないのに脚ばかり太くなってしまうという方から相談を受けることもありますが、軽いものでやっても筋肉が太くなってしまうこともあります。

筋肉を太くする、細くするのは単純な重さだけの問題ではありません。
どのように体を動かすか、筋肉を使うかといった“やり方”も関係してきます。

私の指導では「重いものを楽に持ち上げる」やり方でやってもらいます。
以前、全身を引き締めてスタイルを良くしたいという女性のクライアントさんそれなりの重さでスクワットやデッドリフトをやってもらっていたことがあります。
周りの女性が1kgや2kgくらいのダンベルでトレーニングをしている横で30kgとかそれ以上の重さを付けたバーベルでスムーズに重りを持ち上げていましたが、結果は筋肉が太くなるどころか全身が引き締まってどんどんスタイルが良くなっていきました。

一方で軽いものでやっても筋肉を大きくすることはできます。
筋トレでターゲットにしているのは筋肉の中でも「速筋線維」です。
速筋線維を刺激するようなやり方でトレーニングをすれば自分の手脚の重さ、体の重さくらいでも筋肉をパンプアップして大きくすることはできます。
その1つが速筋線維を快で刺激する魚住方式のトレーニングです。
筋肉が膨らんでそれなりに大きくなるだけでなく、全身の緊張のバランスも整うので姿勢も良くなって、さらにスタイルが良く見えます。

筋肉を大きくしてスタイルを良くするようなトレーニングは多いですが、姿勢を整えたり、教えるようなことまでするところはほとんどありません。
きついこと、辛いこと、苦しいことをしなくても良いスタイルを手に入れることができます。

体の動かし方、筋肉の使い方、姿勢といった視点を取り入れながらトレーニングをしてみるともっと効率的で効果的なトレーニングになるでしょう。