筋トレで筋力アップしてもある程度までしかパフォーマンスはアップしない

力が強くなれば重いものが軽く感じられるようになりますが、筋力の向上でパフォーマンスが向上するのは、初期のレベルからある程度のレベルまでです。

いくら力が強くなってもそれをスポーツ競技の動作の中でうまく活かせなければ何の助けにもなりません。
しかし、筋トレで大きな筋肉を付けなくても力の出し方がうまくなれば、それがパワーに繋がり現状でもパフォーマンスは向上します。

市民ランナーの方を何人か見ていますが、ほとんど全員がスクワットや体幹を固めるトレーニングなど一般的にランナーに必要と言われているトレーニングをしているのに走ってみるとタイムが良くならない、すぐに疲れて速く長く走り続けることができない、膝が痛い、腰が痛いといった悩みを抱えていらっしゃいました。

そもそもの問題は、「何のためにスクワットや体幹を固めるトレーニングをするのか?」というトレーニングの目的を間違えていたころでした。
スクワットをしてもスクワットが強くなる、体幹を固めても体幹を固めるのがうまくなるだけです。
ランニングスピードが上がる、ランニングフォームが良くなる、走っている時に起こる腰や膝の痛みが治るようなことはありません。

ランニングスピードを上げたいなら、そのための、ランニングフォームを良くしたいならそのための、走っても腰や膝が痛みが出ないようにするための“トレーニング”に取り組まなければいけません。
そういったことを考慮したトレーニングをやってもらっていますが、大きな重りを付けたバーベルを担いでスクワットをしたりしなくてもタイムが良くなった、スムーズに走れるようになってきた、長く走った時の疲労感が軽くなってきた、腰や膝が痛まなくなったというような結果が見られています。

筋トレはあくまで基礎体力づくりのためのトレーニングの1つにしか過ぎません。
「何のために?」ということを意識してトレーニングに取り組んでみましょう。

広告