感想 「歩くってこんなに簡単で楽なんですね。股関節が痛くてそういう感覚を忘れていました。」

ここ最近股関節の痛みで悩んでいる方からの相談が増えています。
なかでも“歩き”に関するものは多く、「股関節が痛くて歩くのが辛い」、「友人から歩き方が変だと言われる」といった内容の相談が来ます。

医師から運動の許可が出ている上でトレーニングをしますが、股関節に痛みを抱えている人は歩き方が悪いのはもちろんですが、そもそも立った姿勢が崩れてしまっているという方がほとんどです。
崩れた姿勢で歩き方は良くしようというのは難しいですが、姿勢を直してみると歩き方も自然と良くなりスムーズに歩けるようになります。

先日相談に来たクライアントさんも猫背で体幹は捻じれ、脚は真っ直ぐ伸ばせない、真っ直ぐ立っているつもりで斜めを向いて立っているような状態でしたがトレーニングが終わると、

「今までいろいろ考えて歩いていたけど歩くってこんなに簡単で楽なんですね。股関節が痛くてそういう感覚を忘れていました。」

と感想を仰っていました。

股関節が痛くない、引っかからないでスムーズに動かせる方向で小さく動かしたり、膝をスムーズに曲げ伸ばしする運動を繰り返して筋肉の弾力性を取り戻してみると捻じれていた脚も真っ直ぐになって伸ばせるようになりました。
上半身も肩甲骨を呼吸に合わせてリズム良く動かすような運動をいろいろ行なって体幹の筋肉の緊張のバランスを整えてみると背筋も自然と伸ばして立てるようになり立った姿勢が良くなり、改めて歩いてみると股関節をかばうような感じもなく、自然に歩いているように見えるようになりました。

歩く時には股関節には体重の3倍くらいのストレスがかかると言われていますので股関節を痛めると体を動かすことがなくなり寝たきりになりやすくなります。
寝たきりは筋肉が衰えるというのはもちろんですが、認知症のリスクを高めるとも言われていますからそういう意味でも大事なものです。
いつまでも自分の脚で歩き続けるためにも、股関節をいつも良い状態で維持する、立ち姿勢や歩き方を見直すことは大切なことです。