感想 「腰と膝が痛くて痛み止めを飲んでいたのに、もう痛くなくなりました。」

腰痛、ひざ痛の相談はたくさん来ますが、ほとんどが骨や関節に異常がないのに腰や膝が痛くなるというものです。
そういった痛みの原因は筋肉の緊張のバランスの崩れて姿勢が悪くなっていることです。

先日は腰と膝が痛くて痛み止めを飲んでいるというクライアントさんがトレーニングに来られました。

「イスや床から立ち上がる時に膝が痛かったのに立ち上がる動作をしても痛くない。背筋が伸びている感じがして、腰も痛くなくなった。」

とトレーニングに感想をいただきました。

身体の状態をチェックしてみると姿勢の崩れ、脚や体幹が捻じれが見られました。
捻じれているせいで腰や膝に大きなストレスがかかって痛みが起きてしまっていると思われるので脚や体幹の捻じれを直して姿勢を整えてみれば痛みは軽減、解消されるはずだと思い、ひざ痛については股関節、膝、足首の周りの筋肉の弾力性を高めてみると脚の捻じれが直り、真っ直ぐに伸ばせるように戻しました。

腰についても肩甲骨を動かしたり前屈をして体幹の筋肉の弾力性を高めてみると捻じれが直り、
痛み止めを飲まないと動けないくらい辛かった腰痛とひざ痛が簡単に治ってしまったので驚いていましたが、問題の原因が体の捻じれでしたのでそんなに難しいことをしなくても簡単に解消できたということです。

痛み止めを飲めばその時は痛みは治りますが、根本的な原因を解決するわけではありませんので薬の効果が切れると痛みが再発します。
どうしてもという時は別にしても薬の常用は避けるべきです。
痛みを何とかしようとしても解決するのはなかなか大変です。
病院へ行っても骨などに異常が見つからないのに腰痛、ひざ痛がある時は筋肉の弾力性を高めて姿勢を整えてみることです。