感想 「ウエストがいい感じに細くなってきました。」

シェイプアップしてスタイルを良くしたいというクライアントさんから感想をいただきました。

「最近、ウエストが良い感じに細くなってきたのが嬉しいです。」

やっているトレーニング内容は筋肉の弾力性を高めるトレーニングです。
ウエスト周りというような部分にこだわらず全身の筋肉を良い状態にすることで緊張のバランスも整って姿勢が良くなります。
筋肉の弾力性を高めるトレーニングのターゲット筋は速筋ですので基礎代謝アップも期待できます。
また、呼吸のリズムに合わせて楽に、スムーズに体を動かしていくので血流が良くなったり、自律神経の乱れも整います。
体の内側も整えることでも基礎代謝がアップします。
有酸素運動はわざわざやりませんが、姿勢が良くなり体が軽くなるので家でもじっとすることがなくなり頻繁に動くようになります。

食べるものに関しては、“食べたものが体を作る”ので食事制限はこちらから強制することはありません。
強制されて、「食べると太る」思って食べるから太るのです。
食べたものが血となり肉となると思って食べれば太りません。
それよりもせっかく体を作るのだから良いものを食べようと思うようになるので精神的な満足感も出てたくさん食べなくても満足できるようになり食べ過ぎもなくなります。

ウエストを細くするための方法というと、食事制限をして体重を減らしたり腹筋を鍛える運動をして基礎代謝をアップさせる、有酸素運動を20分以上行うというような方法が一般的ですが食事制限をして体脂肪が減ったからスタイルが必ず良くなるわけでもありません。
食べる量を減らせば体脂肪も減りますが筋肉も減ってしまいます。
筋肉が減れば基礎代謝も低下しますので食べる量が増えてしまえば体脂肪が付いてしまいます。

腹筋運動をしてもその部分だけ基礎代謝がアップしてそこの体脂肪がどんどん落ちていくなんてことはありませんし、一般的な腹筋運動というのは負荷は自分の体の重さくらいで回数をたくさんやるようなトレーニングですが、それでは基礎代謝をアップさせるような効果は期待できません。

有酸素運動を20分以上やると確かに体が温まり汗が出るのでたくさんエネルギーを消費しているように感じますが、糖質と脂質が1:1で使われていますからたくさんエネルギーを消費しているように思っても実際に使っている脂質は半分くらい、体脂肪は1gで約7、2kcalですから大した量は減りません。
それならとたくさんの時間有酸素運動をやってたくさんのエネルギーを消費すればお腹が空いてたくさん食べてしまいます。
有酸素運動ばかりやっていれば基礎代謝に関係する速筋はほとんど刺激されないので萎んでいくので基礎代謝も低下します。

体重を減らす、筋肉を増やして基礎代謝をアップさせる、有酸素運動で体脂肪を燃焼させるというのはたしかに理屈的には間違ってはいませんが、スタイルを良くするということが目的になった時にはそこまできついこと、苦しいこと、つらいこと、疲れることをしなくても「健康的なからだづくり」をすることで自然と目的を達成することもできます。