普段使っていない筋肉は鍛えるよりも普段の体の使い方を変える方が大切

トレーニング器具などのコマーシャルなどでよく耳にする、「普段使わない筋肉がトレーニングされる」というフレーズ。
普段使われない筋肉がある道具を使うだけでトレーニングされるならすごい便利のように思いますが、普段使わないのにそんなところをトレーニングしても日常生活での体の動きが変わることはありません。

筋肉は使わないと減少していきますから維持することはとても大切なことではありますが、使われるのがトレーニングした数分だけで、あとの何時間はほとんど使わないのであればやはり維持は難しいのではないでしょうか。

そもそもの問題は筋肉がないのではなく、普段の動きの中でその筋肉を使っていない「使い方」です。

それなら日常の生活の中での体の使い方、動作を変えることの方が効果的でしょう。
筋肉を動かしていれば筋肉の減少は抑えることができます。
何気なくやっている生活動作も工夫してみると一度にたくさんの筋肉を刺激する運動にすることもできます。
負荷をかけた運動や関節を動かすことが難しければ手脚をブラブラしたりするだけでも立派な運動になります。

使わないから低下するのであれば使えば良いだけのことですが、筋肉を使うこと≠筋トレ、ウエイトトレーニングです。
体を動かすこと全てが運動というようにもっと広い見方をしても良いのではないでしょうか。