感想 「脚が長くなった気がします。」

姿勢を良くするというと背筋を真っ直ぐに伸ばすということをイメージする人は多いですが、脚のことが疎かになっていないでしょうか。
いくら背筋を真っ直ぐにしても脚が曲がってしまっていては良い姿勢には見えません。
逆に、脚がきれいなストレートになれば姿勢が良く見える、スタイルも良くなるということもあります。

脚を伸ばすというと膝を伸ばすことだと思われがちですが、O脚、X脚など脚の捻じれの多くは“股関節”がきちんと噛み合っていないことが原因であることがほとんどです。
股関節の周りの筋肉の緊張をゆるめて筋肉の弾力を出すと股関節の噛み合わせも良くなり、動きもスムーズになります。
すると膝の関節もきちんと噛み合うようになり、脚がきちんと伸ばせるようになります。
なかには、エクササイズの直後に「脚が長くなったような感じがする。」と驚きます。
立ってみても骨で立つことができるので余計な筋力を必要としないので筋肉も緊張が出ません。
脚も引き締まって見えるのでスタイルも良くなったように見えます。

姿勢を良くするために脚をきちんと真っ直ぐに伸ばせるかどうかもとても大事なことです。
真っ直ぐな脚をいつも維持するために弾力のある筋肉を維持する、体をゆるめるということも効果的なトレーニングです。