しゃがめないのは足首が硬いからではなく動かし方が悪いせいかも

足首が硬くてしゃがめない、深くしゃがむと踵が浮いてしまうという人からどうすれば柔らかくなるのかと尋ねられることがあります。

しゃがめないという人の原因で多いのは“しゃがみ方”の問題です。
しゃがむ動作は足首をゆるめると膝、股関節もゆるんでスムーズにしゃがんでいくようになるのですが、その足首をゆるめるというのがうまくできていません。

膝から曲げてみたり、股関節から曲げてみたりするとあるところまで来ると太ももの筋肉に緊張が起こりブレーキがかかってしまいます。
そうするとそれ以上深くしゃがみこむことはできません。
足首をゆるめようとしてもそう簡単にはうまくいきません。
しゃがむ手順を知っていても実際に適切に行うというのはなかなか難しいですし、そういうことは本には書かれていません。

足首が硬いという人で足首の関節が動かないという人はほとんどいません。
曲げにくい方向に曲げているから曲げられない、曲げにくいだけです。
ちょっとつま先の向きを変えるだけでスムーズにしゃがめるようになります。

そこから立ち上がると脚は自然と伸び、お尻の筋肉が使われるのがわかります。
足首がスムーズに動かせるようになると膝、股関節の動きもスムーズになり、太ももの緊張のバランスが良くなり膝をきちんと伸ばせるようになりますし、ヒップアップしたスタイルが出来上がります。

ヒップアップしたスタイル、太ももを細くするためにスクワットをしている人は多いですが、ほとんどの人がスムーズにしゃがめていないのでお尻の筋肉をきちんと使えていない、太ももの前ばかりにストレスがかかって細くなるどころか太くなってしまうということもよくあります。

効果を出すには正しいフォームでやることだと思ってやっているケースも多いですが、フォームは動かし方の結果として現れるものですからフォームをいくら意識しても動きは変わりません。

筋肉は体の動かし方、使い方によって決まりますから、意識なんてしなくても適切な手順でスムーズな動作で行えば自然と狙った筋肉を刺激することができます。

適切なスクワットで深くしゃがむことは腰の筋肉の緊張を解き、腰痛を軽減することにも繋がります。
姿勢も良くなりますし、ウエストの引き締めにも効果が期待できます。
しゃがめないという人はストレッチングをする前に足首の使い方を見直してみましょう。