トレーニングの考え方, 肩こり・肩の痛み改善

腕を真っ直ぐ伸ばしたバンザイができないのは肩の筋肉が硬いせい?

バンザイをすると腕が真っ直ぐ上がらない人は「体が硬いから」と言います。
しかし、こちらがサポートして腕を上げてみるとほとんどの人が真っ直ぐに上げることができます。
本当に体が硬いから上がらないのでしょうか?
そうではなく、あげにくいようにやっているから筋肉が硬くなるのです。

腕を真っ直ぐ上げる時にほとんどの人が腕を伸ばして拳の方を持ち上げようとしますが、軽いものでも体から遠く離れたところにあると重量以上に重さを感じます。
重いものを持ち上げようとすれば当然肩の筋肉は緊張します。
緊張はブレーキですから腕をスムーズに上げることは難しくなります。

ところがちょっとやり方を工夫すれば楽々バンザイをすることができます。
例えば手の向きを気にしてみる。
ほとんどの人は気にしませんが、バンザイがやりにくいという人の多くは肩の筋肉が緊張するような手の向きで挙げています。それをちょっと変えてあげるだけでも変わります。

また、肘を曲げて手を体の近くに置く。それだけで肘が上げやすくなります。
他にも、腕を少し上げたところから落とした勢いを利用して上げてみると腕をそれなりに伸ばしてバンザイをすることができます。
こういったやり方をしていれば肩や背中といった筋肉の緊張をゆるめることもできます。

腕は肩で動かすと思っている人も多いですが体幹で腕を上げるのです。
そういう発想を使うと腕をスムーズに動かすことが体幹の緊張をゆるめる、バランスを整えることにもなるということです。
筋肉が硬くなるように使えば硬くなるし、柔らかくなるように使えば柔らかくなります。
目的に合った適切なやり方でやればいいのです。

広告