背筋を真っ直ぐ伸ばして歩くのが良い歩き姿勢ではない

脚を一生懸命動かして歩いてみても体は進みません。
歩くというのは「重心移動」です。
体が前に進んでいくと意識しなくても手脚は自然に動きますが、重心移動がうまくできない、体をうまく前に進められないという方が時々います。

そういった人に歩く時に何か意識していることがないか尋ねてみると、ほとんどの人が「良い姿勢で歩こう」、「背筋を真っ直ぐ伸ばした姿勢」をやろうとしています。
背筋を真っ直ぐ伸ばした姿勢は「安定して立つため」の立ち方です。
歩くというのは重心移動、体が前に進んでいかないといけないのに、安定するための姿勢を意識してしまえば当然うまくいきません。

一度に意識できることは“1つだけ”です。
歩くのなら大切なことは「前に体を進めていく」それだけです。
具体的に体のどの部分を前に進めていくと手脚も自然と動いてスムーズに重心移動できるのか、それだけです。

歩き姿勢は特別意識しなくてもスムーズな歩き方ができていれば自然と良くなります。
良い歩き姿勢でスムーズに歩いていると体が整い、結果的に立った時の姿勢も良くなります。

余計な意識がやりにくさを引き起こすこともあるので手脚や姿勢といった細かいことはあまり意識し過ぎない方が良いこともあるということです。